CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−1 対北海道日本ハム 赤子の手を捻るように | main | 0−2 対福岡ソフトバンク 能見登れず >>
5−3 対福岡ソフトバンク 最強鷹軍団を止めやのは、岩田だ!
 全然期待してなかったけど、こういう時にがんばるのがタイガーススタイル。
 でも岩田が勝ってくれtのはよかったよ。
 寅吉的には一番勝たせたいPなんだよなぁ、岩田。
 なんか、悲壮感みたいなものが漂う、哀愁の薫るPなんだよね。
 関大の大先輩の村山実さんを思わせる雰囲気がある。ある意味タイガースらしいPなんだよなぁ。

 岩田も能見と並ぶエースのような言い方をされる事があるけど、一番活躍した年は2008年でこの年だけ1年を通してローテに入っている。
 それでも成績は10勝10敗の五分であり、貯金という面での貢献はなかった。
 翌年は故障に泣きながら、シーズン終盤に7勝を挙げ、貯金は2。
 つまり、昨年まで貯金は「2」なんだよなぁ。
 それでも、タイガースな苦手な中日に強く、好投してても援護が少ない、その悲壮感溢れるピッチングはフアンを魅了するのだろう。
 その成績以上の期待と応援を送りたくなるPなんだ。

 その岩田が交流戦で無敵を誇ったホークスを止める。
 これも、強いGに立ち向かって仁王立ちとなったん村山さんを思い出させる。
 その血脈は、江夏を経て、岩田へと繋がっていくのだろうか。 
 でも、これから岩田には、その悲壮感より今までの努力が花開き脚光を浴びるような成績を収めて欲しい。
 能見とエースの座を争う存在になって欲しいものだ。
 ぐぁんばれ!岩田。

 さて、明日はその能見が最強鷹軍団の、最強の虎キラー・杉内と投げ合わねばならない。
 こういうところで勝ってこそエースと呼べるようになる。
 能見には、もう一段高いところへ登ってもらおうか?

 そういえば、榎田の球が気になった。
 かなり疲れているのだろう。
 生きの良かった頃のキレや球威・コントロールに狂いが生じてきている気がする。
 うまく気遣ってあげて欲しいんだが・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。