CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3−14 対オリックス デッドラインを越える | main | 6−3 対千葉ロッテ コバヒロに減点パパ >>
1−6 対オリックス のんびりしていられん、やて?
 誰が一番のんびりしてるんや?
 その言葉を吐いとるワレと違うんかい! 
 え〜かげんにさらせ〜よ、ドタマかち割ったろかい!!

 なんて、人格が変わってしまう程、他人事な談話やなぁ。
 大体、なんでレフト前のヒットが2ベースになるんや?
 それを見て黙っとる監督が一番のんびりしとるんとちがうかいのぉ・・・・。
 これが、目指した「守り勝つ」野球なんかい?
 どうしたって、これよりひどい外野守備はないわな。

 金本の今までの貢献や記録は、それはそれでリスペクトしなけりゃいけない。
 彼のお陰でタイガースは変われた。 
 2度の優勝は金本あってのことだと今も思う。
 だが、投げられない選手を外野に起用しちゃいけない。プロ野球を舐めている。
 いざとなれば相手はそこを突いてくる。
 レフト前のヒットが2ベースになり、セカンドランナーは無問題でホームへ帰ってくる。
 レフトフライで、セカンドランナーがサードへタッチアップしてしまう。もはや正常な野球じゃない。
 
 ここで指名代打が無い試合では金本は代打としてベンチに置くべきだろう。
 レフトにマートンを回し、平野をセンターかライトに起用。セカンドは乗っている上本って言うのが一番いいのと違うか?
 2軍から岩石岩男こと野原祐を上げて、ムードを明るくする。
 こういう元気者が起爆剤になるんと違うか?

 Pは、昨日の試合で小嶋と若竹に見切りをつけたようで、これでブルペンの左の中継ぎが榎田しかおらんようになった。
 さらなる酷使の不安。
 こういう時に役立つ江草は、もういない。アホなフロントが左の中継ぎを獲得に動きそうで怖いわ!
キャンプでは、筒井も加藤も川崎もって左腕王国みたいに言っていたのに、この有様や。
 西村が復帰して活きのいい球投げていた、
 このPは投げっぷりがいいわな。
 ただ、これで榎田、西村の酷使が始まる予感がする、
 ちゃんと、役割を決めてやれや。

 最後にコバヒロ。
 今日8回に1イニング放ったけど、こんな使い方でええんかいな?
 これで調子がもどるんかいな?自信がもどるんかいな?
 下柳の後、ロングリリーフ(第2先発的に)させた方がよいのとちゃうか。
 長く放ることで、思い出す事や取り戻すこともあるんと違うか?
 上手く行けば、久保の代わりが務まるかもしれんしなぁ。

 のんびりしとらんで、打つ手はいくらでもあるんと違うか?
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。