CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4−0 対埼玉西武 雄星が見たいぞ! | main | 1x−0 対北海道日本ハム 必死のパッチ >>
5−11 対埼玉西武 雄星のデビュー戦の目撃者
 今日は、西武ドームへ。
 久々の野球観戦。ワクワクしたねぇ。
 試合前の練習から見てたもの。中西さんと金村氏が随分と話し込んでたなぁ。
 マートンは打撃練習の時から、フォームが去年に戻っていたね。復活したと見ていいんじゃないかな。

 試合は、希望通り雄星が先発で万歳だった。
 しかし、左の初顔でタイガースがやられちまうパターンだったのだが、雄星の力み、入れ込みがそれより大きかったのか、定まらないストレートで、結局3回途中でKOとなった。
 でも、雄星のデビュー戦を見られたのは、いい記念になったな。

 対照的に、ビビリで早期降板。
 今日の先発キャッチャーは、岡崎だった。これがどういう理由か知らんが、藤井でいって欲しかった。
 久々の安藤だけに、このところ先発マスクで3連勝の藤井のリードでどうなるのかを見てみたかった。

 このあと福原がうまく繫いで、試合を作って行く。
 福原はいい。今日見たPの中では、一番よかたった。
 この福原から、5回で榎田に繫いだ継投が?なんだよなぁ。
 普通、福原が2回途中から投げているので、この5回で継投するというなら、渡辺が先ではないのかしら?
 渡辺で2イニング、7回をコバヒロ(ここでキャッチャーは藤井に代える。)、8回榎田、9回球児という絵を描くのが普通じゃないか? 
 ここで、榎田使って、どこまで投げさせるきやったんやろ?
 なんか、無意味にあせった継投に映ったんだけど・・・・・。

 しかし、榎田が悪い。
 やはり、相当疲れが溜まっているんだろう。はっきりと球にキレが無くなっている。
 だから、ボールになる変化球を振ってくれない。見逃されてカウントが悪くなり、ストライクを取りに行って打たれる。
 少し休ませた方がいいかも知れない。つぶれないうちに配慮してやらなぁ、アカンやろ。

 試合は、この榎田の不調から逆転を喰らい、渡辺が凌ぐが、9回の西村がダメ押しをおされて終わった。
 やはり、不調なPの時に、確実に失点している。
 連敗中のライオンズとはいえ、その不調を見逃してくれる程甘くはないということだ。

 これで、甲子園に戻る。
 今日の観戦記は後日書くとして、甲子園での金本の処遇が問題。
 ようやく「守り勝つ野球」に近づいてきたのを、また戻してしまうのか?
 ベンチの判断にかかっている。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。