CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 7−4 対広島 榎田の持ち場は何処? | main | 10−1 対横浜 虎だけ番長の弟を粉砕 >>
1−2 対広島 取るべき点を取らないと
 こういう結果になる。
 今の新井が、チャンスに打てないのはしょうがない。4番で使うベンチが悪い。
 チャンスに力が入り過ぎバットが出てこない。
 甘い球を見逃す。「しまったぁ〜」という気持ちが、次の難しい球に手を出させる。
 または、初球から思い切って行こうという気持ちから、ボール球に手を出す。また、「しまったぁ〜」という気持ちが次の甘い球を見送ってしまう。これの繰り返し。
 これを「新井循環」という。

 鶴が久々の登板。
 まぁ、結果は問わないが、やはりピッチングが大人しい。もっと、荒々しくていいんだけど。
 その方が、なんぼか魅力があるんだけど。「高校四天王」と騒がれていた時のピッチングが見たいよなぁ。
 
 代わりに2軍降格が俊介。
 このところいいとこないだったが、昨日の久々のヒットがきっかけになるかと思ったが、その矢先だもんなぁ。
 2軍に落とすなら、あの牽制死の時だろう。
 そういうタイミングを図るのが苦手なベンチなんんだよなぁ。

 本当はスケールの大きな外野手の甲斐とか、一度1軍で見てみたいんだけど・・・・。
 まぁ。取りも直さず柴田はチャンスだ。
 一気に駆け上がるには申し分のない状況になってきた。
 がんばれ!

 今日のような試合をしつこく拾っていけないのが、まだまだなところだが、一時の不振よりはなんぼか立ち直ってきた。
 あとは、ベンチへの不信から立ち直らなくていけないのだが・・・・・。
 ベンチが反省しなければ、進まないことなんだよなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。