CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 10−1 対横浜 虎だけ番長の弟を粉砕 | main | 10−0 対横浜 3タテは、エース能見で飾ったが・・・ >>
6−4 対横浜 負けてくれる相手には・・・・
 確実に勝つ事。
 横浜は、最下位をひた走るチーム。あれだけの打線を持ちながら、最下位を定位置とするにはそれなりの理由がある。
 それは、いらんミスをするとうことだ。
 タイガースも不調の時は一緒。つまらんミスで流れを相手に渡す。 
 タイガースの場合は、しのミスを犯すのがベンチだったりするのだが・・・・・。
 横浜のベンチも問題がありそうやね。

 今日は初回に失投を捕らえた新井のHR。
 追いすがられる中ででたトリのスリーベース。これがタイガースへの流れを作った。 
 新井のHRも、追い込まれてからの物だし、トリのスリーベースは、中継プレーのミスでトリ本人まで還してしまうというおまけがついた。
 どちらも防げる失点だったと思うが、先発の須田が新人、その須田を繫いだのが小杉と大原という新人同然のP。
 まだ、試合が決まらない、流れがどちつかずの場面での継投には見えなかった。っていうかこういう継投で勝負になると考えられているとすれば、タイガースも随分舐められているとしか思えない。
 そうして、流れが決まった後に、江尻・牛田という横浜にすれば勝ちパターンでの継投にでるべきPをつぎ込む。
 こと、すでに遅しって感じ。
 
 こういう継投、タイガースでもシーズン当初よく見たもんだ。
 なんとか状態が上向いたお陰で、このところお目にはかからんが、横浜は未だにこういう事をせざる得ないって言う事なんかなぁ。
 やはり、今の位置に合点がいってしまうもの。

 今日はメッセンジャーが5回でアップアップで、榎田・コバヒロに繫ぐ1イニングの継投が問題となったが、福原がよくこの任を果した。
 しかし、本来は福原ではなく、久保田が担うべき場所、または渡辺か川崎?、成長著しい若手(これが見当たらないからきついよなぁ)あたりがベストの場面。
 ここで、4点差の9回を任せられる人材を作って行く場面なんだがなぁ。

 まぁ、今は借金返済が目先の目標。
 やはり、3タテがその早道となる。2連戦の先の広島戦で5割だっただけに、ここは一気に行きたい。
 明日も、もう一丁頼むよ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。