CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 6−0 対東京ヤクルト 先の塁へ! | main | 2−1 対読売 ジェイソンVSグライジンガー >>
0−3 対東京ヤクルト いつまでたっても差は縮まらない
能見で負けて、結局1勝1敗。首位の燕との差は縮まらず。
 逆に、能見を要して負けたタイガースにダメージが残る分、マイナスかも知れん。
 スワローズは、由規と村中のローテ2本柱を欠き、前半引っ張ってきたバレンティンの調子も下降。この2連戦で連勝しておかんと絶対にいけない戦い。
 だが、こういう試合をことごとく落とすのが、今のタイガースベンチのスタイルだ。

 投げてみないとわからん増淵に対し、何の手も打てず0行進で、エース能見を見殺し。
 8回の代打の順番も?
 良太が切り札なら、もっと以前から切る札らしい使い方をするべきだし、これじゃ誰もいなくなったから仕方なしに良太の代打という感じで、相手に与えるプレシャーも半減だろう。
 まぁ、そういうベンチワークに問題のある首脳陣である事は、前から解っている事なんだが、こう毎度毎度接戦の度に、ルンバを踊られちゃ、勝てる訳が無い。
 お陰で、能見は7敗目だ。
 ベンチがしっかりしてれば、勝ち負けが逆であっておかしくない。
 そうすれば、今頃は貯金生活だったものなぁ・・・・。

 まぁ、こう相手の思惑通りにしか行動できないベンチだから、上位との差は縮まる事はない。  
 借金を減らして、追い上げているかのように見えても、実際上との差が詰まってきた訳じゃない。
 3位のポジションをキープしているだけに過ぎないんだ。
 結局、中日・ヤクルトの5試合を、2勝3敗で負け越し。逆に差が広がっちまった。

 これからオールスターまでに5割復帰を目標にしているが、5割復帰しても上との差が広がったって事にもなりかねない。
 そうならん為にも直接対戦野場合は、勝ち越す事が大前提になる。
 そこを厳しく追及しておかないと、結局3位でCS出場、簡単に敗退。真弓監督続投という、そりゃ恐ろしい結果が待っている。
 やはり、ベンチに頼らず、選手だけの力で勝つという強い信念で、一丸となって勝ちに向かわんといかんのじゃないか。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。