CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2−1 対読売 ジェイソンVSグライジンガー | main | 0−4 対読売 淡白宣言 >>
2x−1 対読売 壊れた信号機を乗り越えて
 大変なハンデ背負って試合しているようなもんや。
 投げられない外野手と壊れた信号機。
 投げられない外野手は、たま〜に、打って得点を稼ぐけど、壊れた信号機は、得点を奪うだけで、なんの利点もありゃしない。
 だから、早いとこ修理しなくてはいけないし、修理不能なら廃棄処分をお願いしないといかんじゃろ。

 藤井のヒットの時は、次がPだから一か八かでGOといくところが、この「壊れた信号機」は、ランナーの「投げられない外野手」に気を使って、ストップときたもんだ。
 まぁ、平野を無理矢理突っ込ませて、故障させてから、えらく慎重になって、「基本ストップ」という考えに支配されとるから、ましてランナーが「金本様」じゃGOさせる訳にはいかんのやろ。

 それでも、最終回は、ランナーは俊足柴田や。
 ブラゼルの当たりを見れば、迷わずGOというのが普通なんだが、なんで止めたんやろね?
 アウトカウントも無いし、無理せんと後続に期待なんて思っていたんやないだろな?
 桧山が犠牲フライ上げてくれたから良かったものの、もう少し浅かったらどないした?
 まさか、突っ込ませてゲッツーなんてことに・・・。
 止めて、次の平野がゲッツーなんてことも十分あり得る、っていうか無死満塁では良く見かける光景やろ、タイガースでは・・・・。
 そうなったら、この「壊れた信号機」の罪は重い。
 まぁ、そうならなかった事だけが救いやな。

 これから、大事な試合が増えてくる。
 「ここ一番で強くなる」なんてこと言ってたけど、ここ一番で「壊れた信号機」が事故起こしたらどないすんねん。
 いつも、いつも今日のように乗り越えられるとは限らんのだぞ。
 早いとこ、山脇コーチの配置転換を行わないと、大事な試合で大きなミスをすることになるぞ。
 正直、山脇に3塁コーチのセンスはゼロや。
 とても大事な試合の3塁コーチを任される器やない。
 いつも選手に言っているんやろ。
 「普段で着ない事が、大事な試合で出来る訳が無い。」
 この言葉を、そっくりそのまま山脇に返すわ。

 選手は、よくこのハンデを乗り越えて、ここまで戻してきた。
 これは、一重に選手の力に他ならない。
 ベンチはせめて、選手の邪魔にならないように、勝利を阻害しないように、これ以上のハンデを背負わせないように配慮してやって欲しい。
 明日、もう一丁がんばってくれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。