CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 10-2 対横浜 元の打線で復活や! | main | 5−0 対広島 5割迄、あとひと〜つ! >>
12−9 対横浜 ベンチは猛省しなきゃイカン!
 楽勝ムードの試合が、見事な迄にもつれて、やっとの思いで辛勝。
 まったく、何を考えて采配をふるっているんだろうか?

 5回の能見のピッチングを見て、なにも思わなかったのか?
 主審のストライクゾーンが急に狭まったのは、確かだが、それに対応できない能見ではないはず。
 ランナーに出て、ホーム迄戻ってきた、4回が終わった後から、調子が変わってきた。
 4回の裏に、初めての四球を出し、5回に3点を失った。
 この状態を見るに、体調が崩れる何かがあったのではないかと疑う。
 
 交流戦明けのローテが変わった時に、能見の腰痛説があったが、それが本当とすれば、この暑さの中の試合で腰痛を再発させた可能性も否定できない。再発とまでいかないが、なにかしら違和感が発生したかもしれない。
 その辺の見極めをするのもベンチの役割とかんがえるのだが・・・・。

 挙げ句、散々ピンチを広げて、榎田にスイッチ。
 昨日の試合で、訳の分からん登板をさせられた榎田は、連投となった。
 いつも、状況を考えず、榎田、榎田でくるから、こういう結果になる。
 明らかに疲労から、キレが鈍い。
 下手な審判の定まらないストライクゾーンに邪魔はされたけど、新沼辺りにあれだけ粘られるのは、キレを失っている証拠。
 これでは、去年の西村と同じ。
 次の広島戦もあれば、オールスターにも選ばれている。
 昨日のような試合でも投げさせられては、疲労を回復する暇もない。

 本来は、昨日の榎田は温存。
 今日の5回の能見を見て、6回の攻撃時に代打をだして、6回裏の先頭から榎田と言うのが筋じゃないのか?
 素人の寅吉が見ていても、そう感じるのを、このベンチは何にもかんじないのだろうか?
 あやうく、5割以上でオールスターの目標が、海の藻くずと化すところだった。
 反省せいよ!

 しかし、これだけダメなベンチワークを補って勝利に結びつけるのだから選手達は大変だ。
 これからも、執拗なベンチワークのミスが続くと予想されるが、それに打ち勝って行かなくてはならない。
 まさに、敵は本能寺にあり、獅子身中の虫というところだろうが、なんとかがんばってもらいたい。
 そして、坂井オーナーはじめ球団フロントには、このベンチワークの拙さとそれを補う選手の努力を認め、来季はもっとましなベンチを用意して上げて欲しい。ほんと切にそう願っている。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。