CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−1 対読売 僅差の差はミスの差さ | main | 0−2 対読売 選手の無言の続投Noのサインかも >>
2−3x 対読売 不可解な敗戦
 あの平野のバントはなんだったのだろう?
 独断でのセーフティ?結果セーフティスクイズを狙ったか?
 ベンチからのスクイズのサインを上本が見逃した?
 あの場面でスクイズの意味は?

 Gのレフト・ラミレスの緩慢なプレーの隙を突いた上本の好走塁で、1死1、3塁のチャンスだ。
 押せ押せムードが満点。
 足の速い平野だけに、ゲッツーの確率は低い。
 外野フライでも、ゴロ・ゴーでも追加点を挙げられる場面。
 ここで押さないで、どこで押す?
 
 こういうシーンを見ると、タイガースのベンチと選手の間が上手く言っていないって言うのが、よく解ってしまうんだよなぁ。
 ベンチのサインとすれば、選手が快くそれを受け入れていない。
 選手の独断でのプレーとすれば、まったくベンチを信用していないが故のプレーに映る。
 今日の新聞で「基本、真弓監督続投の方向」って言うのが、逆に作用しているのか?
 
 確か、去年もそんな記事がが出た途端、タイガースの調子が落ちたと思うのだが・・・・。
 昔からお家騒動が有名なチームだ。
 今のベンチの続投を、快く思っていない選手が多いのだろう。
 こういう事態を見逃して、てめぇの保身だけのために、今のベンチを評価している、坂井オーナー、南球団代表をはじめとするフロントの怠慢は、憤慨やるかたないよ。まったく。

 そういう状況だから、Gの古城の走塁ミスなどで、当然タイガースに流れがくるべき試合を、逆に相手の方へ押しやってしまうことになる。
 これじゃ勝てるものも勝てなくなるわ。
 こうして、5割を追ったり来たりしていて、終わるんじゃないだろうか?
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。