CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−1 対中日 敗戦の責任を負う、4番新井 | main | 4−1 対東京ヤクルト 寄り切ってみたけれど・・・・ >>
0−1 対中日 結局、こうなる皮算用
 このベンチが、なんか考えると絶対と言っていいくらい失敗する。
 中日に無類の強さを発揮する岩田を、次のヤクルト戦に回して、先発はプロ初登板の蕭一傑。
 昨日勝って、勝ち越している事前提のローテの変更だったのだろうけど、昨日の敗戦で蕭に今日の登板が重くのしかかる。
 それでも蕭は良く投げた。
 立ち上がりの1失点だけだから、蕭を責める訳にはいかないだろう。

 結局、打てない打線に責任がある。
 中日との守り合いに応じたつもりなのだろうけど、完璧に裏目。
 見事な迄に、打てない中日におつきあいして、3連戦で挙げた得点は、能見のタイムリーの1点だけ。
 これで勝てと言う方が間違い。
 それでも、1勝できたのは、チーム状態が最悪の中日相手だったからに他ならない。
 今の中日に勝てないのは、タイガースくらいじゃないか?
 これで、中日への苦手意識が継続して行く事が決定した。

 しかし、平野は走塁センスがない。
 まったくっていっていいくらい走塁が下手だ。特に盗塁に関しては最悪。
 足自体は速いのに、あれほど盗塁ができないのには、やはり訳がある。
 Pが牽制をするのか、ホームに投げるのかが、全然掴めない。Pがちょっと動くと帰塁しようとベース側に動く。
 これじゃ、いいスタートは切れない。
 盗塁しようとすると、一か八かで決め打ちしてスタートを切るしか無い。だから失敗が多い。 
 よほど、走塁の意識を高めるか、OBの赤星辺りに教えを請うか、キャンプで福本さんのコーチでも受けんといかんわ。
 このままじゃ、1、2番は任されんわ。

 しかし、折角ヤクルトを3タテしたのも、Gのためになれど、自分らの為には全然なっていない。
 結局、再度次の3連戦でヤクルトを追いつめないと、加えてGのことも考えなくてはいけない。
 打線が上向いたGは脅威やぞ。
 しかも、これでDも勢いづけたかも知れん。
 結果、GとDの手先のような存在になってしまわんか?

 いくらPががんばっても、点を取ってやらなぁ勝てんぞ!
 ベンチもつまらん皮算用はやめて、点を取る事かんがえや。
 よーいドンで、守備固め要員だらけのスタメン組んで、どうやって点を取るのかってことだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。