CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4−1 対東京ヤクルト 寄り切ってみたけれど・・・・ | main | 8−7 対東京ヤクルト M.I(ミッション・インポッシブル) >>
2−8 対東京ヤクルト 2死2塁、打者は8番で勝負かね
 あそこがすべてやね。
 2回に上本のHRで先制した直後の、スワローズの攻撃。ここは、絶対抑えたいところ。
 マウンドに向かったメッセンジャーも強くそう思っていたはず。
 先頭のホワイトセルを三振にとるも、宮本に内野安打を許す。バレンティンのショートゴロで2死。
 2死でランナーの宮本がセカンドに進んで、打順は8番相川。
 次はピッチャーの由規の打順。

 まずは、相川と由規を天秤にかける。
 この回のもつ重要性を考える。先制直後の回を抑える事で、流れをものにする。この回に点を入れられると試合が動くことになる。
 ここまで、得点力が激減しているスワローズに点を与える危険性を考える。
 こういう時の得点から堰を切ったように点が入り始めて、不振を脱するっていうのもよくある話。
 そうして、相川への相性。
 横浜時代から、この相川は「虎だけ番長」の一人。
 ここ一番で痛い目にあった事数知れず。
 これが、ランナーが1塁ならいざしらず、得点圏にいて1塁が開いているんだから、どう考えても、歩かして由規勝負なんだがなぁ。

 タイガースベンチの考え。
 回も浅いし、ここで相川を歩かせるより、勝負で次の回の先頭をピッチャーから始めたい。
 メッセンジャーはスワローズに相性いいし、スワローズの得点力は落ちとるし、勝負やろ。
 相川を歩かすと逆転のランナーになるし・・・・。
 まぁ、そんな感じやったんやろ。
 そう行かなかった時のリスク管理なんて全く無かったとちがうか?

 まぁ、相川の一撃が外野の間を抜け、同点になった瞬間、ベンチは青ざめたやろ。
 挙げ句、由規に新井の前へセーフティを決められ、メッセンジャーは相川への一球の後悔と同じピッチャーにセーフティをを決められた事で沸騰点に達した。
 あとは、コントロールがままならず、ストライクを取りにいって痛打という、お決まりのKO蟻地獄へとまっさかさま。
 タイガースベンチは打つ手も無く口開けて眺めているだけ。

 そっから先は、危惧していた通り、スワローズ打線を元気にしてやっただけ。
 こりゃ、明日の岩田は大変やで。
 ローテいじられた挙げ句、相手打線に元気を与えて、直接対戦の相手との勝ち越し、負け越しを賭けるのだから。
 だから、タイガースベンチの小細工は裏目に出るって言っているんだ。

 思いっきりベンチが足を引っぱり、G、Dに続いてSも元気にしてやって・・・・。
 ホント、勝つ気あるかいな?このベンチ。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。