CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−0 対東京ヤクルト 代走の代走って、初めて見たわ! | main | 1−4 対中日 立ち直るチェンと立ち直れない能見 >>
6−3 対中日 鬼門・ナゴドは生きているか?
 今日は安心して見ていられる。そう思っていた。
 金本も早々に俊介を守備固めに入れ、問題の新井さんはファーストへ、サードは大和で守備の心配はなくなった。
 得点は6−1だし、7回は渡辺がピッシャリ。
 後は、榎田、球児がいるし、点差が開いたままなら、福原が最後でもいいか、とすら思えた8回表終了時。
 この時は、鬼門・ナゴドが喜門になるかとすら思っていたもの。

 それが、8回登板した榎田がヘロヘロ。
 守備固めの大和の強襲ヒット(これは、獲って欲しかったなぁ。)から始まり、あっという間に2失点で、3点差に。
 しかもランナーを2人残し、一発でれば同点のピンチを招いて、福原に交代を余儀なくされた。
 やはり、使い過ぎなんだよなぁ。
 シーズン当初から、勝っても負けても、毎日エノキダだったからなぁ、一度登録抹消してリフレッシュさせたからと言って、戻ったら、また毎日エノキダだったもの。
 シーズン通して戦った事の無い新人や。
 もう、体の芯は疲労感が溜まりっぱなしやろ。これに期待する方がかわいそうや。
 さから、、最初にちゃんと役割を決めておけといっていたのに・・・・・。

 結局シーズンの一番大事な山場で、中継ぎのエース級の活躍していた榎田が使えなくなる。 
 こういう使い勝たしてきて、「ここ一番で弱い」ってよく言うよな、うちのベンチ。
 ここ一番で弱いのは、自分たちのせいでしょうに。
 勝負にビビって、いらぬ選手に無理使いを強いて、結局疲弊させとるんは、タイガースベンチのせいやぞ。
 そううこと、自覚しとるんかいな?

 まぁ、今日はかろうじて逃げ切った。
 スワローズも負けたし、差は一歩縮まった。
 しかし、中継ぎ抑えの疲弊ぶりを露にする戦い方は、今後におおきな影を落としたのも事実だ。
 負けても、オレ竜の方に余裕を感じたのは、苦手意識のせいか。はたまた両チームのベンチワークの差なのか?
 この鬼門・ナゴドで、なんとか勝ち越したいもんだが、明日は能見が完投するくらいのピッチングを期待せざる得ないな。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。