CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5−8 対東京ヤクルト 引き際を考える | main | 3−1 対中日 3年目の無能 >>
4−7 対東京ヤクルト もう言葉も無いわな
 まぁ、選手の心が今の首脳陣から完璧に離れて行ってしまっている。
 見る値しない試合になってきている。
 それでも、坂井オーナーは「真弓続投」を言っている。
 選手もファンもタイガースから離れて行ってしまう。
 暗黒の入り口が大きく広がっている。

 まぁ、散々中継ぎを使いまくっちゃったものだから、能見をダイレクトに球児に繫ぐしか術がないのだろう。
 それでも、能見が逆転を許すと、またも渡辺を投入。(何の意味があるの聞きたいなぁ)
 こうして、渡辺は次の中日戦に使えなくなるのと違うか?
 こんなこと、づ〜っと繰り返して来たんだよね。真弓のおっさんは・・・・。
 挙げ句「ここ一番で弱い」って選手のせいにしてね。
 
 何度も書いたけど、ここ一番で弱いのは、ベンチワーク。
 方針なき戦いをしているから、ここ一番で使える駒が無くなっている。使う駒は疲弊しきって、パフォーマンスを発揮できない。すべては、そこまでのベンチワークのなせる業。
 それも反省どころか気がつかず、3年が無意味に過ぎた。
 それでよく、「ここ一番で弱い」なんて、天につばするがごときことを言えたもんだ。

 このスワローズ戦の3連敗は、なるべくしてなった結果。
 この首脳陣、真弓監督の体制では、4位がやっと、Bクラスの実力しかないってことだな。
 戦力1位で監督は尾花と並んで同率5位がやっとってか?
 これで続投というオーナーや代表もアホやが、それを受ける真弓も大概無神経と違うか?
 まぁ、常識ある人間な固辞して辞任するんやろうけど・・・・・。
 真弓にも、少しは常識があると信じたいがなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。