CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 11−3 対横浜 本来の形は、これやろ! | main | 5−0 対広島 雨降って地固まる >>
0−1 対広島 ボール球には手を出すな!
 先日の「虎バン」でゲストに出ていた、落合元中日監督が言っていた。
 「阪神の打線は、統一球の影響なんかじゃない、あれだけボール球を振っていたら打てないよ。」
 どうすれば、タイガースが強くなるかという問いに、
 「練習すればいいんです。」
 
 タイガースの一番痛いところを突かれている。
 他の、戯れ言は、自分が当事者ではなから言えることが多かったから無視するにしても、上の言葉は堪えたなぁ。
 なんせ、12球団一温いと言われるタイガースのキャンプ。(今年は、読売がタイガース以上に温かったらしいが・・・・)
 今日の試合のように、性懲りもなくボール球に手を出し凡退し続ける。

 最後のブラゼルの三振。
 2ボール0ストライクからの、3球目のど真ん中を見逃し、その後苦手の高めを2球振らされ三振だ。
 代打の城島も初球の高めのボール球を強振。
 これが、低めのボール球を振る率といったら、枚挙にいとまない。

 特に4番の新井さん。
 低めのボール球を振らされ、「いかん、よく見ないと」と思った途端に甘い球を見逃して追い込まれる。
 追い込まれた後は、再びボール球を振らされ凡退って姿、よく見るでしょ。
 これが、チーム全体に蔓延しているんだよね。
 そんなチーム相手に、マエケンが零封するのは、いとも容易い事なのかも知れない。
 後は、味方が援護をくれるかどうかがマエケンの心配事だったのだろう。

 そのマエケン相手にメッセンジャーは見事なピッチング。
 一歩もひけを取らなかった。こういうピッチングには勝ちをつけてやらんといかんよなぁ。
 その唯一の失投を、若鯉の堂林に捉えられた。
 タイガースは、堂林のバッティングの姿勢を見習ってもらいたいよなぁ。
 ボール球をしかり見極め、甘い球を逃さず叩く。こうありたいもんだ。
 ピッチャーがいいんだから、打線がちゃんとすれば十分覇権を争える位置にいるんだから・・・・。
 
 今から、練習をしても、今シーズンには間に合わんが、ボール球の見極めはもっとできるはずだ。
 (かといて、練習しないでいいと言っている訳じゃない。若手は将来があるのだから、シーズン中でも自分を追い込むくらいに練習していいと思うぞ。)
 今一度、自分がどれほどボール球を振って、損してるかビデオでも見て反省しいや。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。