CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0−2 対読売 舐められきって、連敗 | main | 0−1 対中日 「1点を取りに行く野球」は、どこへいったか? >>
0−0 対読売 1点すら取れない野球で
 ノーアウト1塁で、4番が外野を抜けるかどうかの当たり。 
 ファーストランナーは、相手チームの外野の守備力を考えてハーフウエィ。完全に抜けてからスタートを切る。
 次の打順は、ここ数試合調子を上げて、5番に上がったバッター。
 6番バッターは、長打力はあるもののボールを振ってしまう三振の多い打者。
 7番は、足のある俊足と呼ばれる選手が続く。
 あなたがサードコーチであれば、この状態でランナーにどういう指示をだしますか?

 サードで止めておいて、無死2、3塁。
 次の金本で勝負。例え内野ゴロでも鳥谷ならホームに返る足もある。外野まで飛ばせば、余裕で犠牲フライになる。
 例え金本を歩かされても、ブラゼルがホームゲッツーでも喰らわない限り、チャンスは次へ続く。ホームゲッツーでなければ、1点は入る。可能性の高い三振でも1死満塁で柴田。
 柴田なら、和田監督提唱の「1点を取りに行く野球」ができるチャンス。
 スクイズでも、ダブルプレー崩れでも得点は可能。
 寅吉なら、こう考える。

 果たして、サードコチャーボックスに居た久慈コーチはどう考えていたのだろうか。
 後先考えず、目先のチャンスに、相手の中継プレーの失敗を願って、一か八かのゴーに賭けたのだろうか。
 これが、2死ならイザ知らず、止めておいてからの方が遥かに高い得点パターンが広がるはずなのに、なんで一か八かに賭ける必要があったのだろうか。
 そんなに、和田監督が提唱して来た「1点を取りに行く野球」を信用していないのか?
 コーチとして、そんな練習を全然させてこなかった物だから、信用を置けないのか?
 単に外野を抜けた打球と鳥谷の足を思って、状況を無視して(考えが及ばず)」、あせってゴーをかけてしまったのか?
 いずれにしても、この判断で今日試合の勝ちが無くなった。

 去年までの「壊れた信号機」を撤去したのはよかったが、新しい信号機も不良品では、話にならない。 
 本当は外野手経験のある関川コーチの方がサードコーチに向いているのと違うだろうか。
 ここの人選を誤ると、散々山脇の「壊れた信号機」ぶりに悩まされたように、同じ状況になる。
 久慈に適正がなければ、別の人選をすべきだ。
 選手の失敗は、すぐにファーム落ちがあるが、サードコーチの失敗にノーペナルティってことはないわな。

 しかも、11回の小宮山に代打も出さん。
 11回裏の球児へのリードを考えての事か?岡崎じゃ球児がいややと言うんかいな?
 まだ、浅井も桧山も城島もいる状況。
 代打は、この小宮山と次の福原のところしか使えない。
 なのに、小宮山をそのまま打たす。小宮山はいつからそんなに打てるキャッチャーになったのか?
 まぁ、浅井や桧山や城島より、期待できる打者という評価なんだろうねぇ。
 挙げ句、西村に対して、左の桧山を余して終わった。

 これでは、「1点を取りに行く野球」と呼べんなぁ。
 ここ2試合で「1点すら取れていない野球」やからしょうがないか?
 こんだけ、ミスしていても負けなかったというのは、相手が読売だったかも知れないね。
 まぁ、その読売に1勝もできなかったのがこの3連戦の紛れもない事実なんだけどね。
 ちゃんと反省しとかんと、このGWは魔の連敗にはまりそうで怖いでぇ・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。