CALENDAR
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
0−1 対中日 「1点を取りに行く野球」は、どこへいったか?
 これで、3試合連続無得点。
 和田監督提唱の「1点を取りに行く野球」とやらを忘れて久しい。
 今日の中日の決勝点の取り方を見て、少しは勉強になったか?

 ワンアウトから、谷繁のツーベース。
 堂上のレフト前で、1、3塁。
 こういうところが、昨日のタイガースと違う。
 レフトが金本から俊介に代わっている。走者は谷繁、無理はさせない。1死でも1、3塁になれば無数の得点パターンが存在する。
 ランナーがサードに行ったところで、ランナーを英智に交代。
 ゴロゴーに備え、ダブルプレー崩れに備えて、代走起用だろう。
 どんな形でも、1点を取るという姿勢に溢れている。こうして、堂上兄のピッチャーゴロのゲッツー崩れの間に決勝点を奪われた。

 これが、タイガースだったらどうだったのだろう?
 キャッチャーの小宮山がセカンドに行ったら、すぐに代走を使い、次打者のヒットで無理して突っ込まさせやしなかったか?
 逆に小宮山に代走を遅れず、結局サードで止まり、そのまま釘づけという結果になっていたかも知れん。
 得点を上げる可能性のあるシュチュエーションを如何に作るか。
 その条件が多ければ多い程、得点の機会は増える。
 それが、「1点を取りに行く野球」なんじゃないのか?
 なにも、スクイズやエンドランのことばかりじゃないと思うんだが・・・・・。

 しかし、ここへ来ての貧打は、厳しい。
 ゴールデンウィークの間に得点を挙げることができるかどうか心配になって来た。
 城島、ブラゼルが完全にはまってしまっている。マートンの様子もおかしい。
 柴田、大和という経験のない若手は、少し研究されると、だんだんその輝きが失せ、後は自らの克服する姿勢が問われる。
 4番は、チャンスでは力かえって、ブレーキに成り下がる。
 少しは期待で切るのが、平野、金本、と鳥谷くらい。平野、鳥谷と金本が連続いないから、ブツブツキレる。
 まぁ、この3人を続けたら、間違いなく左を持ってこられるんだが、それでも今よりは期待が持てる。

 さて、このGWの勝敗は結果どうなるのだろう。
 タイガースがGWに好調だったのは、余り見た事がないから、余計心配だ。
 なんとか、明日は早い回に得点を挙げ、呪縛から逃れ欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | - | 21:13 | comments(0) | - |

コメント
コメントする