CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8−2 対広島 泥仕合をきっかけに | main | 3−1 対横浜 今日は、この辺で勘弁しといたらぁ、ってことかい? >>
6−2 対広島 集中打が出るようになってきました
 今日の試合でも鳥谷が4番のお仕事。
 集中打を見せた7回の攻撃も、皆して鳥谷にチャンスを回そうとしているかのように見える。
 トップバッターで起用されているが、必ず先頭で回るのは1回のみ。
 後は、どういう状況で回って来かは、2巡目以降はわからない。
 新井が、4番を外されても、チャンスに追いかけられるのと一緒だ。

 それが昨日の決勝2ランから、鳥谷にキメの場面が回ってくる巡りになってきた。
 今日も代打・桧山の同点打に続いて、気落ちした岸本の初球を見事に叩き、逆転の一打を放った。
 この回は、新井から始まり、チャンスメーク。鳥谷が決めるという展開。
 実は、こういうシーンンに、寅吉は新井3番、鳥谷4番の打順を推す根拠があるんだよねぇ。
 2人のバッティングや性格を考えて、その並びが現状のタイガースにとってベストだと思うんだよねぇ。

 今日も好投のスタンリッジが、ニックに捕まる。
 しかし、昨日のバッティングをどう分析したんだろうかねぇ。
 それ以上に、この2試合でニックが覚醒してしまったんだろうか。
 相手の4番を覚醒させてしまう、どんだけ人がいいのだろうか?
 これで、ニックが次のカードから、また当たりが止まればタイガースはなにしてたんだということになるんだけど。
 あれだけ打たれても、試合に勝ったからいいじゃなく、ニック対策が必要なレベルにしてしまったんじゃないだろうか?

 まぁ、広島のお陰で一時の貧打状態からは脱した間がある。
 次のカードは、何故かタイガースにムキになるモバゲーだ。
 読売にはしっかり貢ぐ癖して、タイガースにはしっかり歯向かう、いやな相手だ。
 この辺で実力の違いを思い知らせておかないと、後々舐められ続けることになる。
 ここは、しっかり頼むぞ!
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。