CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8−3 対横浜 両外人の復調が、交流戦の鍵 | main | 1−4 対北海道日本ハム 打てん、守れん、点取れん >>
1−3 対北海道日本ハム 粘り強く行け!
 よくファール等で粘られ続ける対戦の場合、根負けして四球で出してしまうと、その後よく打たれるってシーンを見ないかい?
 今日の福原、糸井の対決の後、小谷野の一打がそうだな。
 バッターは、「四球の後の初球を狙え」の格言通り、ストレート一本で甘い球を待っている。
 キャッチャーもピッチャーも、そんなことは百も承知なんだけど、前の打者に嫌というくらい粘られて、挙げ句四球を出してしまって、がっくりした気持ちが、そういう格言を忘れさせてしまう。
 粘られた挙げ句、歩かしてしまった落胆が、次の初球に細心の注意を忘れさせる。
 
 タイガースベンチも、そういう細心の注意を怠った。
 糸井を歩かした時点で間をとるか、福原を代えてやるべきだったのだろう。 
 ベンチは、裏の回でどう代打を出すかとか、攻撃の事ばかり考えていたんじゃないか。
 そんなベンチから、福原の落胆と危険なシグナルを読み取ることは出来なかった。
 テレビに映し出されるタイガースベンチの様子は、負けているにも関わらず緊迫感のない笑顔が溢れる。
 これでは、必死に粘りを見せるファイターズに勝てる訳がなかった。
 
 しかし、7番にセンター大和。
 大和を使うのに7番はないよなぁ。
 7番でつかうなら、下から隼太を上げて、育成枠として使ったほうが、全然為になるのと違うか?
 7回の2アウトから代打を出されるんだったら、大和を使う意味があるのか?
 大和を生かそうと思うのなら、1、2番を我慢してでも任せないとだめやと思うんだけど・・・・。
 なんか、選手の使い方違っている気がするんよなぁ。

 まぁ、明日はファイターズを見習って、粘り強く行って欲しいもんだ。
 緊迫感を持ってな!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。