CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−4 対北海道日本ハム 打てん、守れん、点取れん | main | 6−10 対東北楽天 スパイスは何処にある? >>
2−3 対東北楽天 打てる手を打たず負ける
 なんというもどかしい戦い。
 今日の能見は、様子が変だった。しっかりと立ち上がったかのように見えたが、力感みたいなもんに欠けるピッチング。故に、いつものようなキレが見られない。 
 序盤こそ、名前でイーグルスを抑えて来れたが、相手に「今日の能見にキレがない」と思われると、いい振りで、いい当たりをされるようになる。
 新井のタイムリーで1点をリードして7回まで持って来れたのは、能見の顔がなせる業だった。

 あの状態の能見を見ていて、タイガースベンチはどう思っていたのだろう。
 「今日の能見は調子いい、このまま完封するか、ダイレクトに球児に繫いでくれないか。」等と思ていたら飽きれる。
 素人の寅吉が見ていても、どこか故障か、指の豆でも潰れて、痛みがあるのか心配するね投げ方になっていた。
 いくらまだ無失点であり、完封の可能性があっても、ここは筒井なり信頼度が高いPに繫いで継投を図るべき場面だった。

 案の定、能見がテレーロに逆転ツーランを喰らって、その後もいい当たりを続けられる。
 しかしながら、能見は続投し、その裏タイガースの攻撃が無得点に終わると、次の回も能見に続投させた。
 8回は、先頭の聖沢は平野の好プレーでアウトにこそとれたが、内村、高須に連打を喰らい、1アウト、1、3塁となる。
 ここは、タイガース打線を考えればもう1点も与えられない状況。
 能見の続投か、三振の取れる筒井への継投か、この試合を諦めない姿勢を見せる為なら、このところの登板が無い球児を投入する事も考えられる。
 今日の能見の状況を見れば、間違いなく交代の場面。
 星野監督が8回の2アウトから抑えの青山を投入したのに比べ、タイガースベンチは動かなかった。
 今日ヒットは無い物の、ホームラン制の当たりを連発されていたフェルナンデスに能見の続投の選択だ。

 ここで、筒井なり球児なりをつぎ込んでも、打たれたかも知れない。
 それでも、能見の続投よりは、はるかに抑えられる可能性、打たれない可能性があると思うのだが・・・・。
 まぁ、この1点が結局決勝点になるのだが、「1点を取りに行く野球」をするのに、「1点を簡単に献上する」選択を選んでしまっては、収支は合わないだろう。
 こうやって、打てる手を打たんと、試合は必ず負けるってことだな。

 これで、交流戦は勝ち星無し。
 明日のイーグルスは、高卒新人の釜田がプロ入り初登板。
 また、初物に勝ち星を献上する「人の良さ」を出そうものなら、一気に逆を転げ落ちる可能性もありだなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。