CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−1 対福岡ソフトバンク 決め手を欠くのが癖になり | main | 0−3 対埼玉西武 腑に落ちん! >>
3x−2 対埼玉西武 「1点しか取りに行かない野球」を卒業せよ!
 昨日も書いたのだが、どうも得点の取り方が狭い。
 さして確率が高くない方法で、無理矢理取ろうとするもんだから、選手は萎縮する。
 そんな繰り返しがまだ、続いている。
 やっと、得点が上げられて勝っているから見逃されがちだが、本来もっと点を取れなくてはいけないのじゃないか、という視点でみれば、不安がつきない。

 5回裏、ブラゼルが無死からヒットで出塁。 
 1点ビハインドで、タイガースが取った作戦は、次打者の藤井に送りバントだ。
 ここで考えてみて、走者ブラゼルには、まだ代走を使えない。まぁ、ほんとうにここを勝負とするなら、代走という手もありだろう。(まぁ、そうすれば次打席での同点HRは無かったんだが・・・・)
 例え、藤井のバントで2塁に送れても、次のP能見の打順では、ヒットは期待薄だ。(前回打っているから、可能性は0ではないいんだけど、それでも限りなく低いわな。)
 その次の平野の打席で、例えヒットが打てても、ブラゼルがセカンドから戻ってくる確率は低い。まぁ、平野が長打を打てば別だが、これも確率は低いと言わざる得ない。
 結局ブラゼルを得点圏に送っても、その次の課題が山積で、1点を取るのは限りなく厳しい。
 ブラゼルに代走を出してでも勝負を賭けるのなら、別なんだがねぇ。

 それならは、藤井に打たせる。
 打って、無死1、2塁になれば、能見にバント。
 まぁ、藤井が凡打に終わっても、能見でバントという手の方が理にかなう。
 最悪藤井がゲッツーで、能見で攻撃が終わっても、次の回は1番からの好打順。
 こう考えた方が、はるかに得点の可能性が高いと思うんだけど。
 もっとも、サードへブラゼルを送るバントが難しいと思うがなぁ。

 結局、藤井の走塁妨害でこの回が無得点に終わり、同点は、次のブラゼルの打席に持ち越された。
 そして、同じように1死満塁の8回のチャンスでは、新井に思い切り打たせてゲッツー。
 こここそ、1点を取りに行く野球を見せる場面。
 新井に、外野フライかゲッツー崩れになるような打球を期待していたのだが、「思い切って振って」ゲッツーと、アップアップのゴンザレスを助ける結果。
 なんか、考え方が逆だなぁという気がする。

 最終回でセッキーが頭脳的な押し出しの死球で事無きを得たが、こういう冷静な打席が新井にも必要やなぁ。
 せっかく、マートン、ブラゼルに当たりが出て来たのだかあら、あんまり得点の入り口を狭くする事はないいんじゃないか。
 もう、「1点しか取りに行かない野球」は、卒業してもいいころだと思うぞ。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。