CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3x−2 対埼玉西武 「1点しか取りに行かない野球」を卒業せよ! | main | 9−9 対千葉ロッテ 得点の間口を広げる >>
0−3 対埼玉西武 腑に落ちん!
 和田監督に聞きたい。
 6回の鳥谷への送りバントは、サインなのか?
 サインだとすれば、どういう意図なのか?

 現状、マートンと鳥谷が一番期待できるバッターと違うのか?
 その鳥谷に送らせて、どういうパターンを描いたのか?
 きっと、ライオンズベンチは、手を叩いて喜んだことだろう。
 鳥谷で、黙ってアウトをくれるとは・・・。これで無失点で切り抜ける道が出来たという気持ちだったと思う。
 マートンを歩かして、ブラゼルでゲッツーっていうのも描けるし、最悪新井に回っても構わないという思いだと思う。
 なんせ新井は、4回の1死3塁のチャンスでも、外野フライも上げられん程の重症だ。

 まぁ、こういう得点の入り口を狭くするようなことをしてると、必ず野球の神様はバチを当てる。
 7回の表。
 ライオンズは、1死1、2塁で打者は、投手の牧田。
 タイガースなら100%バントという場面。しかし、ライオンズベンチは、待球策をとり牧田がアウトになってもそのまま、片岡へ繫ぐ事を考えた。
 万が一、バントが失敗して、ゲッツーでも喰らえば、その場でチャンスは終わりだ。
 しかも、サードへ送るバントは、野手でも難しい。それを打席に滅多に入らないパリーグのPに要求するのは酷だということだろう。
 目先の1点を得るチャンスより、2点3点に繋がる攻撃を選んだということだな。

 それにしても、昨日先発させた桧山を何故今日使わない?
 昨日で故障でもしたか?
 アンダーハンドの牧田の先発は予告済なんだから、左の桧山は、今日こそ先発で使うべきじゃないのか?
 それとも、昨日は、思いつきでただ使って見ただけってことかい?
 
 こんなことやってると、真弓監督時代と変わんないと思うぞ。
 ただ、指揮官がベンチで笑っていないというだけやな。
 今一度、ちゃんとファンの説明できる采配を振るってくれや。
 前から言っているように、「1点しか取りにいかない野球」はもう勘弁してくれや。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。