CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−2x 対北海道日本ハム 相手の土俵で戦う | main | 3−1 対東北楽天 「1点の拘り」=スクイズ? >>
3−7 対北海道日本ハム 4戦全敗で気づく事はなにか?
 今年の交流戦、ファイターズとの対戦が終わった。
 結局、4試合で全敗。
 まったく、歯が立たなかったわけじゃない。いずれもいい勝負をしていながら競い負けている。
 しかし、その競い負けも4試合全部となると、もう実力差としか言いようが無い。
 今日とて、鳥谷、金本の連続タイムリーという、初めての出来事で一時は逆転しながら、追いつかれ、ひっくり返される。
 こうなると、何度やってもファイターズには勝てない、そういう気になる。

 ガンバて来た投手陣に陰りが見える。
 貧打戦に我慢を強いられながら、踏ん張って来た投手陣だが、ここへきてその踏ん張りが来効かなくなるつつある。
 先発は、相手に先制点を与えるようになり、中継ぎ、抑えは、守りきれず失点を重ねる。
 よくあるおとだが、打線が戻ると投手陣が崩れ出すっていうか、打線が戻るのを待ちきれず、それまで耐える事が出来ずに崩れ出した。
 
 中継ぎで、一皮剥けた筒井も、調子落ちとなり、シーズン当初のキレがなくなり苦しくなっている。
 せかっくつけた自信が、崩れなければいいのだが・・・・。
 榎田は、最初から去年程のコントロールもキレもない、以前危険水域で回っている。
 抑えの球児は、かっての「神」のすがたではなく、単に「抑えPが不調」という状態。
 もとより、あまりプレッシャーに強いほうではない球児だが、それを圧倒的なストレートのキレで補って来た。
 そのストレートが全盛期のキレを失い、変化球を混ぜながら、やっとこさっとこ抑えるって言うのが昨今のイメージだ。
 時折見せる、無理し笑いが、その重圧を表に出すまいと強がる、かっての抑えのエースのプライドのような気がする。
 もう球児は「絶対」では無くなっている。

 こういう状態のときこそ、打線が助けて、チームのバランンスを保つものなのだが、逆に打線は、個々の不調に加え、いつも言っている「得点の間口を狭める」窮屈な作戦が、不調を長引かせる事になっており、立ち直りがいつになるのか見えない状態。
 投手陣が踏ん張っている間に、手を打って、「窮屈な攻撃」から開放してやれば、もう打線が立ち直っていたかも知れんが、いまだに打線は底にいる。
 今の状態が続くと、今後5割をもっと割り込む。
 セリーグは立ち直って来たスワローズまでのAクラスとベイスターズとカープ達のBクラスに大きく別れるが、タイガースは、そのBクラスに入ってしまう事になる。
 和田監督の言うスパイスは効かすことがないまま、沈む事になってしまうだろう。

 例えば、能見を抑えに回すとか、鳥谷の4番を試すとか、2軍から隼太(2軍でも打ってなさそうだが、関係無しに)を上げて使い続けるとか、本当のスパイスを効かさないと手遅れになりかねない。
 タイガースが新井を外したのに、ファイターズは、我慢して中田翔に4番を打たせ続ける。
 これは、中田が若いだけではない、そういう状況でも我慢できる状態にチームが出来ているからだ。
 タイガースの目指すべきは、ファイターズのようなチーム作りだと思うこのごろだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。