CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−0 対福岡ソフトバンク 怪我の功名、結果オーライ | main | 4−3 対埼玉西武 スクイズを堪えて、勝つ >>
0−2 対埼玉西武 もう、いい加減変わったらどう?
 相も変わらず、石井に抑えられ。
 リーグ戦でも、相変わらず三浦に抑えられるんだろうけど・・・・・。
 相も変わらず、ヒットすらろくに打てず。
 これで勝てと言う方が無理だわな。

 「1点に拘る」意味をはき違え、「1点しかとれない野球」を目指し、挙げ句「1本のヒットもろくに打てない」打線になり下がってしまた。
 まぁ、この間のホークスとの試合の「結果オーライ」を。「ズバリ、作戦が当たった」と持ち上げるデイリーの記事のような感覚でいるから、反省が産まれない。
 結果、同じ事を繰り返す。

 今日は、安藤が岩田のように0で抑えることが出来ず、2点を取られた。
 それ故、スクイズで1点を取りに行く状態にはなれず、結果オーライの場面も巡ってこなかった。
 タイガースは3点を取らないと勝てない状況に追い込まれた。
 それをするには、ランナー2人で1発でるしか、術はないのがタイガースなのだが、それは余りに確率が低い。
 ましては、相手のPが苦手の石井だけに、その確率は絶望に近い。

 まぁ、その通りの試合になったって事。
 これを変えるには、戦法をかえるか、選手を替えるしか無いな。
 いまにまま、これを繰り返していれば、未来永劫にタイガースの浮上はない。
 本当に「1点に拘る野球」をするなら、そういうメンバー構成で試合に臨まないと。
 また、今の選手で戦うには、「1点しか獲りに行かない」汲々とした野球を捨てて、もっと今の選手を生かす戦法をとらないと。
 いずれにしても、そろそろその決断をしないと、取り返しがきかなくなるところまで追い込まれている。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。