CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8−5 対千葉ロッテ AKB爆発!って? | main | 1−2 対横浜DeNA また、いつものタイガースが・・・・ >>
6−6 対千葉ロッテ 戦い済んで日が暮れて・・・・
 残ったのは、どうしょうもない疲労感。
 良太や今成と言った起爆剤の活躍から、序盤の失点を挽回し、追いつき逆転した。
 今シーズンのタイガースでは、ほとんど見る事の無かった“逆転勝ち”とやらを拝める寸前まできた。
 これで、守護神の球児がビッシッと抑えて、勝てるようならタイガースのターニングポイントになれるかという試合。
 裕に3時間半を越える試合だが、それも勝てば吹き飛ぶというものだ。というはずだった。

 最後の守護神・球児は、このところ膝の違和感とかで、その立場を福原に譲っていた。
 自分としては行けると直訴していたらしいが、首脳陣には万全とは映っていなかったようで、昨日の試合も点差があったとは言え福原に最後を任せた。
 昨日の福原が点差において球児を温存するためのものなのか、球児に不安がある為なのか、今日のピッチングでわかる。 
 
 正解は、球児は万全ではないってこと。
 もとより、今シーズンは、抑えとはいえ不安がのこる投球が多く、その職務を全う出来ず逆転される事もあった。
 その状態に膝の違和感だから、万全であるはずがないと考えるのが普通。
 もっとも、今年の不安定さが膝の違和感を起こさせたのかもしれんが・・・。
 
 この状態で、1点差を逃げ切れる訳ではなかった。
 結局、追いつかれて同点引き分け。
 逆に言えば、よく同点で終わった。負けないで良かったという内容だった。
 戦い済んで日が暮れて、残ったのは守護神の不安と言う結果だった。

 せっかく、野原や新井良太、今成、今日の浅井(負傷退場は残念だった)などの元気者の起用が功を奏し、特典が出来る体制になってきた所に、抑えの不安が露呈して来た。
 リーグ戦の再開前に大きな課題が現れたと言っていい。
 いずれ、球児の“後”は、大きな課題となるだけに、ここでしかり手を打っておかないと。
 寅吉のお勧めは能見なんだが・・・、反対も多そう。
 先発陣が比較的充実しているだけに、能見を後ろに回す事は可能だと思うのだが・・・・。
 その分、先発で秋山とか歳内(早くせんと釜田があれだけ投げとるのに、2軍の肥やしで終わるぞ?)とかを抜擢しても面白いんじゃないかな。
 まぁ、現実的には、久保田の復活待ち的な要素が多いんだろうけどなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。