CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−4 対中日 負けるべくして負けて、3タテ喰らう | main | 6−4 東京ヤクルト 秋山踏ん張る >>
6−7 対東京ヤクルト 弱いチームの条件
 それは、必ず大逆転負けを喰らう。
 今日のタイガースのようなゲーム。
 序盤5−0とリードしたところから、逆転を喰らった。
 
 折角、勢いに乗る新井良太を先発させ、その勢いに乗って攻撃を仕掛け、いい感じでリードしたのに・・・・。
 能見は、バレンティンに3ランを喰らったが、後を中村悠平の1発だけに抑え6回を投げきる。
 7回の表に打順が回って、代打を出されてお役御免って感じだったが、どうだったんだろう?
 このところ調子はいまいちとは言え、今タイガースで一番頼りになるPだ。
 球児が居ない今、勝ちに行くには7回のPが問題となる。

 選択は筒井。
 筒井7回、福原8回、9回榎田という構想だったのだろうが、心もとなく見えるのは自分だけかいな?
 筒井も当初の勢いが失われつつ有り、疲れがピークの時期になる。
 結局、ピンチを拡大し、久保田にバトンタッチ。
 久保田が同点を許し、加藤に交代。
 この辺に、ベンチワークの焦りが見える。

 結局、8回に渡辺がフジモンに逆転打を打たれるのだが、これは、平野への強い当たりを後逸したもの。
 福原が1人で変わったのは、何かあったのかもしれんが、ここからもう歯車は狂ている。
 まぁ、スワローズだって昨年優勝を争ったチームだ。弱い訳がない。
 こっちが隙を見せれば、一気に来る。
 立場は向こうが上なんだ。それを思い知らされる事になる。

 和田監督のスパイスは、もう効かせているのだろうか?
 まだ、加えられていないのだろうか?
 スパイスを加えたようには、見えないのは自分だけかい?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。