CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5−9 対東京ヤクルト つかの間の逆転劇 | main | 1−3 対広島 ペナントからドロップアウト >>
3−4 対広島 1点に拘るはずが・・・・
 球児が不在で、榎田が去年のキレを失っている。
 神懸かり的切れ味を誇った筒井が下降線。
 最後の逃げ切りに不安を残すタイガースに2点リードは、あってないようなものだった。

 本来、7回のピンチで筒井が、前田と天谷を切って捨てたところで、タイガースの勝ちは九分九厘決まったはずだ。
 それを9回の2死から、逆転されるて言うのは、なにかしらの理由がある。
 単に抑えの球児の不在だけで片付けられる問題では、ない。
 最後が振り逃げの間に逆転て、前代未聞やろ。
 かっての小林の敬遠の投球が暴投になりサヨナラ負けを喫した試合以来やな。

 1点二拘ると言ったかけ声はまだしも、結局その為の準備を何一つしていなかったって事なんだ。
 1点に拘る=送りバント、スクイズって図式しかなく、守りには何一つ1点に拘る事はしていない。
 せいぜい、わけのわかrん前進守備くらいか・・・・・。
 これで、接戦に勝てと言う方が無理だわ。

 「熱くなれ!」っていうキャッチフレーズを掲げながら、全然熱くない試合をしている現況。
 タイガースベンチが、どこで1点に拘るのか、自ら熱くなっているのか?
 それを反省しないと、同じ過ちは何度も繰り返されることだろう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。