CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3−6 対読売 実力差、かくも隔たりき | main | 2−3 対読売 オートマティックベースボール >>
5−7 対読売 悪くはないんじゃない?
 今日のメンバーは、活力があった。
 ただ、勝つ力は、なかったってところか。

 天敵の杉内に対し、良太や大和、今成が臆せず立ち向かい、上位打線より遥かに杉内攻略を果していた。
 惜しむなくは、能見の調子が下降線であり、打線の援護を守りきれなかったこと。
 どうも能見は不調のサイクルにはいってしまったようだ。
 シーズン当初のキレが失われ、コントロールも覚束なく、高めに浮く球が増えた。
 好調の読売打線が許してくれる訳はなく、簡単に攻略されてしまう。

 逆転を許した後も、よく食らいついてチャンスは作るが、決定打が産まれない。
 8回の満塁のチャンスでは、大和にチャンスをあげて欲しかった。
 確かに、桧山は対西村10割でHR2本とカモにしていたが、大和は得点圏5割を超す打率を誇っている。
 ここで桧山を使わなくては、どこで使うのかという場面かもしれない。
 満塁で、ゲッツーが一番怖い場面。
 1点に拘るのなら、大和の勝負強さと足に賭けて、チャンスを与えても良かったと思う。
 代打・桧山はその後でも良かった気がする。
 ここで、チャンスを与える事で、今日のメンバーの意味を持たせる事が出来たと思うのだが・・・・・。

 上位がさっぱりで、新井兄弟が揃って猛打賞。
 下位打線の若手ががんばった試合だけに、勝って自身をつけさせたかった。
 ただ、こういうスタメンで杉内KOした意義はある。
 少し、こういう活気溢れるメンバーで戦う事を続けてもいいのじゃないか。
 ある意味、今年一番「熱く」なれた試合だったかも知れない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。