CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−2 対読売 どうせなら、隼太にくれてやったら良いのに | main | 1−4 対中日 言うだけ番長 >>
0−6 対中日 零封されて、リスタート
 オールスター明けの再スタート。
 和田監督は「4、5月の戦い方を思い出す。」って言ってたけど、ほんと思い出したわ。
 打てない打線、と穴だらけの守り。
 まったく、4、5月の戦い、そのものだったなぁ・・・・。

 オールスター期間中、「再度一点に拘る野球をする」って言って、金本や新井にバント練習までさせてたそうだが、そうやって「1点に拘る」のが選手の打撃を萎縮させて「1点しか獲りに行かない野球」になっているのが、まだ気づかない。
  
 「熱くなれ!」ってかけ声は勇ましかったが、自分はピンチになるとベンチで目が泳いで、そわそわしている姿が映し出される」。全然「熱さ」を感じられない。
 これじゃ、ファンんも熱くはなれんわなぁ・・・・。

 今日は、隼太も使わずじまい。
 若手の切り替えを言う割には、行動が伴わない。
 まぁ、「風呂屋の看板」野球。(「ゆ」ぅだけって)といわれても仕方がないいんと違うか?
 
 まぁ、お決まりの零封されてリスタートしたのだから、今までの間違いを反省し、軌道修正できるか?
 はたまた、意固地になって、破滅への道を辿るかは、トップの和田監督次第なんだろうけどね。
 反省のないところに進歩なしやで。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。