CALENDAR
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
虎鳴曲
 猛虎キャンプレポート2013」(スカイAスポーツ+)のテーマソングの題名でアケオメ!
 プロ野球の正月、キャンプインということで、久々の更新。
 やはり、虎は鳴いてちゃいけない、吠えないと虎じゃないでしょ。

 昨シーズンは、和田のチマチマ采配に、あきれかえり最後は更新の気力さえなくなてしまった。
 やっと、リハビリを終えて、更新できるまでに戻って来たので、キャンプインに合わせて更新を始めます。

 このリハビリ期間中、いろいろ考えたんよ。
 自ら、選手を縮こまるこうな采配を振るっておいて、「殻に閉じこもっている。」て選手の生にするような、和田の困った采配ぶり。
 結局一軍の将たる物が、一番やってはいけない部下に責任を取らせて、自ら延命を図るような真似をして続投を得たこと。
 自分がコーーチの時は、将の真弓に責任を取らせ、後釜に納まったという経緯が有りながらだ。
 これじゃ、選手もついて行きたがらんでしょう・・・・、などど憤っていたわけだ。

 「熱くなれ!」っていうキャッチフレーズは、変わらない。
 「熱くなれ!」って、お前がな!って和田自身に言ってやりたいフレーズだな。
 去年は、自分の思う通りにならなくなると、完全にフリーズして凋落を加速させた。
 危機管理が、全然出来てない事を露呈した、愚将の象徴のような采配ばかりだった。

 本人が言っている、「Change Chance Challenge」の3Cって言うのは、真っ先に和田自身が実行すべき課題だろう。
 和田自身が、あの「1点しか取りに行かない」チマチマ采配をChangeして、WBCによる負担など不確定要素の強いシーズンのChanceを生かし、覇権にChallengeする姿勢をみせないといけない。
 それが出来んようなら、早期に職を辞する覚悟をもって、臨んでもらいたい、またそうでなくてはいけない。

 さて、今シーズンは今までの「ぐぁんばれ!タイガース」という応援一辺倒の立場から、もっと「阪神どうでしょう?」という疑問符的な立場でタイガースを見て行こうと思う。
 もう、闇雲に応援すれば済む状態でないことは確かだし、シーズン前の予想では、おそらくタイガースはBクラス予想が主であると思うし、和田の疑問采配も変わるという保証も無いし、やや懐疑的に、「ほんとうにタイガースはこれでいのか?」という目で見ていかないとイカンと思う。

 「猛虎キャンプレポート2013」(スカイAスポーツ+)では、新鮮力として、藤浪や西岡、福留等の新加入の戦力に舞い上がっているが、本当に機能するか、的を得た補強なのかは、まだまだ確信できてはいない。
 キャンプ中も、今年の戦力に対いしての問題点と今シーズンの戦い方等の面を見て行こうと思う。
 それでは、気を入れ直して、今年もよろしくです!
 
 今年の、「阪神どうでしょう?」
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 12:07 | comments(1) | - |

コメント
本当、讀賣って奴は・・・(怒)
まあ活躍しない事を祈りますわ。
西武はナカジがヤンキ−スと決裂して西武に残留するみたいで面白くなるんじゃないですか?
阪神は新旧交代して讀賣を倒して欲しいですね。
| nba london | 2014/12/30 4:29 PM |

コメントする