CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−8 対読売 東京ドーム無抵抗主義 | main | Gを3タテに勝る喜び無し >>
5−3 対横浜DeNA 横浜スタジアム参戦!
 昨日、4月28日横浜スタジアムに参戦してきました。
 もちろん、目当ては藤浪選手の3勝目を見届けること。
 
  松本(啓)に1発を喰らうも、6回を3失点で3勝目をゲット。悪い時の修正能力が並外れている。他の若手Pにも見習わせたいよなぁ。(小嶋君!)


 
  試合は福留の2ランで先制。福留も率がもう少し上げってくれんと、2割8分は最低欲しい。首の状態は良くなっているのか?(スイングの強さは戻って来ているように見えた。)


 
  妻の真黄虎(“まきこ”と読みます。)ご贔屓の新井兄弟も活躍。良太も大分、戻って来てます。兄との打順が逆でもいいかも・・・。しかし、「虎だけ番長」の三浦には強いんだよなぁ。いい事ですが・・・・。

 
  自打球を当てて、苦しむ新井さん。調子が上げって来ただけに、ちょっと心配。ファーストの守備は現状タイガースでは1番でしょ。今の内野の形で一番心配は西岡の守備だもの・・・。


 
  最近になって、ようやく抑えの感覚が解って来たか、久保が最後を締める。藤浪の4月に3勝は、高卒新人の記録だとか。(松坂でも2勝どまりだった。)中継ぎの安藤、福原も良く抑えたし、勝ちパターンが出来て来たのはよかった。


  
  試合終了後、ヒーインは、藤浪。まぁ、クールに自分のことが解っている。とても新人には見えない。そう遠くない将来、エースになってしまうだろう。怖いのは故障だけだな。


 まぁ、タイガースにとってはいい試合だった。
 大体、「読売包囲網」とか言って、各球団エース級を読売にぶつけようと声を上げながら、自分のところは読売を避けて、他球団にエース級を当てるという策に出ている横浜だ。
 しかし、高田、中畑の「読売の犬」ラインは、露骨な事をする。
 読売の勝利に貢献しながら、自身のCS出場を狙う策なんだろうが、これじゃ、「読売のドック・オブ・ザ・ベイ」丸出しだもんなぁ。負ける訳にはいかん。
 怖い、怖いブランコにも、恐れず向かって行く気概も見えたし、他の若手Pにもこういう面が欲しいんだよなぁ。
 特に今日は秋山の先発。
 藤浪に負けんと、気張って欲しいやん。高校時代のストレートを思い出して欲しいなぁ。

 久保田のさらし者の刑、田上の走塁死の件の対応については、和田監督に言いたい事が山ほどある。
 久保田の件も、本人(和田)は、自分に酔っているかも知れんが(俺は粉に厳しい監督だってね?)、全然意味ない采配だし、功労者の久保田に対するレスペクトの欠片も感じない、愚采配だとしか見えなかった。
 田上の件もそう。
 選手にすべての責任をなすり付けて、自分の起用や策、指示のミスを隠してしまう。
 あれじゃ、選手はついてこんでしょ。(この件は、改めて書きたいと思う。)
 こんな、愚将でも今の成績が有るのは、選手の力、特に投手陣の力だ。
 投手陣がへばる前に、打撃陣(特に福留)の復調が待たれる。
 そうならんと、ただでさえ和田が監督というハンデを背負っている中、Gを追いかける事は不可能だもの。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。