CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 開幕前夜に思うこと | main | 5−3 対読売 小悪党・和田 棚ぼたで首がつながる >>
4−12 対読売 開幕から和田野球、炸裂!
 まぁ、和田のやることは、こんなもんだわ。
 同点の5回。
 先頭の鳥谷が出て、無死1塁。
 ここでやっちまうんだなぁ・・・・、和田野球。

 「1点しか獲りに行かない野球」
 今や、和田野球の代名詞やな。
 あの、読売相手に、4回まで4失点の能見の出来を考えて、1点とって逃げ切ろうなんて考えていたわけじゃあるまい。
 残り5イニング。
 読売打線相手にどんなリレーで、呉まで繫ぐのか?
 福原、安藤、加藤で4イニングを凌げるとでも思っていたのか?
 だとすれば、愚かな事、この上ない。おめでたい性格だ。

 しかし、それをやっちまうのが和田や。
 この日、2安打。菅野に一番合っている大和に、得意の送りバント。
 これが9回ならわかるが、5回にやる作戦じゃない。
 ここで1死を与えて今日、菅野が一番いやがっている打者にバントだ。
 菅野にしたら、「ごちそうさん!」やろ。

 案の定、この回を凌ぐと、読売打線の爆発もあり、菅野は立ち直る。
 折角4点を取った流れを自ら手放すんだから、アホも極まれりや。
 「1点を取りに行って、その裏6点取られて、ジ・エンド。
 和田らしいっていやぁ、和田らしいけど。
 去年と何ら変わっていない、殻に閉じ込める野球やな。

 他球場も、ヤクルト対DeNA戦以外は、接戦で盛り上がる中、和田の「1点しか獲りに行かない野球」が12点取られて、しらけきった東京ドーム。最低やろ、和田野球。

 しかし、CSの初戦を能見でなく、藤浪で行ったのは、どういう意味があったんやろか?
 あそこで、藤浪なら、この開幕戦は当然、藤浪でなくてはいけない。
 今日、能見なら、「なんであの時、自分じゃなかったのか?」と能見は思うんじゃないか。
 今日、藤浪でいってこその、CS初戦の藤浪先発が意味を持って来るんじゃないか?

 どうも、和田のやる事には、一貫性がない。
 一貫しているのは、どんな状況でも「1点しか獲りに行かない」ということだけ・・・。
 これじゃ、どうやったって無理なんと違うか?
 早いとこ、休養してくれんかなぁ。
 取り返しが効く、早いうちがいいんやけど・・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。