CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 5−1 対読売 インチキドームと違反球のない読売なんて | main | 2x−1 対読売 攻める鶴岡の存在価値 >>
9−0 対読売 完璧な勝ち方で4連勝!
 能見が開幕戦の雪辱で完封。
 まさに、読売打線は甲子園に来ると、借りて来た猫になる。
 確かに、からくりドームでの打撃に慣れてしまうと、甲子園では打てなくなる。
 まして、飛ぶボールで、上げ底された攻撃力は、甲子園にくればむき身の状態にされるのだから無理からん。
 
 逆にタイガース打線は、神状態のマートンと、予想に反してHRはないが、チャンスに強いゴメスを中心に、上本、大和の1、2番が機能し攻撃力を増している。 
 そこに、昨日までブレーキ状態だった3番・鳥谷が調子を戻してきて、マートン後を打つ良太が良化著しい状態になったから、たまったもんじゃない。
 勝手のタイガース・キラーと言われた内海もコッバ微塵だった。(もっとも、その内海に能見をぶつけて4回勝ったシーズンも有ったしなぁ。)

 大きかったのは4回の無死1、3塁を切り抜けた事。
 ここで、得点を許していれば、今日の展開ではどうなるかわからなかった場面だ。
 ここを凌ぐ底力があるってことは、能見が上向いているのだろう。
 球のキレやスピードは、まだまだだが気力が戻って来た事は大きい。
 なんせ、イニングを投げられるPだけに、こうして勝ちをつけながら、球威、キレをトリ戻してくれる事を願うばかりだ。

 しかし、打線は、トリと良太が上向いて、ほんと切れ目が無くなって来た。
 あとは、ライトのとこだけだね。
 いっそ、今成をライトへとも思うが、その守備をかんがえれば今成キャッチャーのほうがいいかな。
 しかし、なんで今成のキャッチャーをさせんのだろう。
 キャンプでも一切マスクを被ってなかったきがするし、登録はキャッチャーなんやろ。練習くらいさせときや。
 ライトの守備より劣る程、キャッチャーできのなら、キャッチャー登録はずしたれ。

 そうすれば、
 1 上本  (セカンド)
 2 大和  (センター)
 3 鳥谷  (ショート)
 4 ゴメス (ファースト)
 5 マートン(レフト)
 6 良太  (サード)
 7 今成  (キャッチャー)
 8 ピッチャー
 9 田上  (ライト)
 という打線が組める。どう、切れ目がないでしょう?
 上位で残ったランナーを良太と今成が返す。
 右が続くので、良太と今成が逆でも良い。Wリョータでランナーの掃除役。
 9番の田上は、上位に戻って、上本、大和、鳥谷と機動力をバンバン使える布陣へ繫ぐ。相手は嫌やろなぁ。
 田上から始まれば、田上が1番と思っていい。
 まぁ、スーパーカートリオの上を行く、スーパーカーカルテットになるんと違うか?

 まぁ、今成のキャッチャーが絵空事であるなら無理な話なんだが、結構分厚い打線になると思うんだけどなぁ。
 これなら、飛ばない統一球に戻っても十分戦える打線だと思うんだけど・・・。
 あっ、いけねぇ、それじゃ和田の延命になっちまう。
 それでも、勝った方が気分はいいからなぁ。
 明日は、榎田。
 先発ローテのラストチャンス。
 がんばれ!

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。