CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 9−0 対読売 完璧な勝ち方で4連勝! | main | 8−2 対広島 藤浪に勝ちをつけて、価値ある6連勝! >>
2x−1 対読売 攻める鶴岡の存在価値
 瀬戸際の榎田の好投。
 これが、対読売の3タテを演出したといいていい。
 
 その影には、鶴岡の強気のリードがあった。
 久保のFAの人的保証で鶴岡を獲得したとき、なんで今更って思ったが、こういう状況で力を発揮するとは思っていなかった。
 横浜時代から、強気のリードで、ある意味偏り勝ちのリードをするタイプだったので、横浜投手陣の防御率の悪さって言うのも鶴岡に起因する部分も大きいという評価しか無かっっただけに、ちょっと見誤っていたかも知れん。ゴメン!

 開幕から不調の榎田は、今日がラストチャンス。
 今日ダメなら、ローテから外されることは元より、ファーム行きも免れない、瀬戸際登板。
 そう言う状況で、開き直って、思い切って腕を振るには、鶴岡のリードが合っていたのかも知れない。
 榎田自身も、フォームを元に戻して、開き直ってやろうと思ていたらしい。
 藤井の安全策のリードと、コントロールを気にして縮こまったフォームでボールを置きに行くのでは、逆にそのコントロールも失い、カウントを取りに行く球の威力が半減し、痛打を喰らう状態だっただけに、うまいこと吹っ切ることができた結果であった。
 
 その鶴岡の強気のリードに依る、攻め込む気持ちが、リリーフの福原、呉、安藤へと引き継がれっていく。
 とくに自身を失いかけていた安藤を覚醒させたのも大きい。
 坂本を三振にとった、外角低めのストレートは、全盛期の安藤のものだった。
 この鶴岡のリードは、一度藤浪を組ませて見たいと思った。
 次の広島戦、藤浪と組ませてはどうかな?

 試合は、鶴岡のリードと合わせ、タイガースが攻めるという気持ちが表に出ていて、よかった。
 それが、この3タテに繋がっている。
 ただひとつ和田の采配だけが、攻めるのでなく、選手を責め、狭める采配だったのが、やはり和田じゃダメだと思わせる。
 
 ひとつは、乗ってる良太への送りバント。
 まぁ、バントの指示さえしとけば、失敗は選手を責めればいい。自分の采配は責められないという、責任逃れ感がありありだ。
 もうひとつは、サヨナラ機に、福留へ代打新井。
 左対左を避けるだけの、なんの意味も無い采配。
 先制の犠飛、ファインプレーとある意味今日のヒーロー候補の福留だ。
 打席でのスィングを見ても、かなり戻っていることが見えて来ている。
 山口相手でも外野フライをくらい上げられる状態だったと思う。
 新井のゲッツーと福留の犠飛、どっちの確率が高いと思ってるのだろう。
 
 和田は、味方の勢いを削ぐ采配を振るわせたら、名人の域に入る。
 それは、試合の流れや選手の調子や状況、適正等を全く考慮しないで、オートマティックに采配をことしかしないからでもある。
 そんな和田の負のオーラに勝ったのが、鶴岡の強気のリードだった。ほんと、グッドジョブ。
 この勢いは、削がんでくれよ、和田!

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。