CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4−2 対東京ヤクルト 初回のバントで、和田君大満足! | main | 8−7 対東京ヤクルト 不運な岩田が、幸運な勝ち投手 >>
7−5 対東京ヤクルト ぶれないゴメスに、ぶれる和田
 金本が言っていた、関本の使いどころ。
 和田にとって、関本は、とっておき中のとっておきの代打だと言う。
 それが、6回の先頭バッターで、代打の起用、どうしても解せないという。
 まぁ、それが和田なんだから、しょうがない。
 そんなことは、いくらでもある。

 清水の起用もそうだ。
 開幕スタメンに清水を起用したということは、今年の主戦捕手に清水を使うという意思表示でもあったはず。
 それが、その試合に大敗を期すと、次の試合から藤井が去年のようにマスクを被る続ける。
 なんで、梅野じゃないのか。
 開幕戦に清水を入れ、梅野をベンチに入れたのは、この2人を中心に回して行くんじゃなかったのか?
 なんで、梅野をベンチに入れた?
 藤井は、バックアップ捕手で行くつもりじゃなかったんか?

 挙げ句、藤井がマスクを被り続け、成績が上がらんと、清水を落として鶴岡を上げる。
 本当は、藤井を落として鶴岡なのと違うか?
 鶴岡がマスクを被って、勝率が上がっているのに、相変わらず藤井を中心に回す。
 今日、榎田と鶴岡のバッテリーが打たれた事で、案外和田は安心しているのかもしれない。
 「俺の藤井の選択が正しかった。」と一人悦に言っているのかもしれないな。

 今日の梅野の活躍を見るに、一度試合を任せてもいいかもしれん。
 経験不足の特効薬は、経験を積ませる事しか無いのだから、思い切って使って行くしか無い。
 下位打線がガクンと弱くなるタイガース打線に、梅野がはいることで、少し怖い打線になるかもしれない。
 ただ、ゴメス、マートン、良太、梅野と右が続くのがちょっとキツいかなぁ。
 Pが左なら良いが、右Pには左を一人入れたい。
 今成がキャッチャーならベストなんだが、それができないなら藤井を落として日高を上げるしかないやろ。
 もともと打てる捕手がいるって、獲った日高だ。和田が望んだのと違うか?
 なんで使わない。

 田上の起用もそうだ。
 金本も、田上が良かったんで、しばらく行くのかと思ったってっていたけど、どうも和田の頭には、代走要員とでいかインプットされていない気がする。
 左を挟むなら田上を7番に入れてもいい。
 本当は、8番にP入れて、9番に田上って言うのがベストだと思うけどなぁ・・・・。

 ゴメスが、昨日の力みから、修正してきた。
 どうしたら日本で打てるかを考え、真摯に向き合っているのがわかる。
 この姿勢がブレなければ、ゴメスは成功する予感がする。
 それを感じさせてくれた今日の試合。
 マートンが下降気味で、トリゴメが上昇という形になった。
 皆揃ってというより、こうした互い違いの方がいいのかも知れんしなぁ・・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。