CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−0 対広島 基準内の統一球で投手戦 | main | 1−6 対広島 他球団の若手は育成上手 >>
8−4 対広島 4番ゴメスがハマった4月の有終を飾る
 いいスタートになった。
 開幕3連戦の時は、どうなるのかと思わせたスタートだった。
 正直、最下位争いになるんじゃないかも思ったが、4月の終わりで首位争いをしている。
 和田の采配という大きなハンデを背負っての、この成績だから選手はたいしたもんだ。

 そこで、振り返って、良くも悪くも誤算の数々。
 まず、キャッチャー鶴岡。
 久保のFA保証で横浜から獲得した時には、「何を今更、キャッチャーやねん?」と疑問符だったし、「それなら清水をもっと使えや。」とも言った。
 藤井、日高、鶴岡とベテランキャッチャーが飽和状態なだけに、獲得の意図が見えんかった。
 それが、鶴岡先発マスクで10戦9勝1敗だと。
 藤井の怪我が有ったとはいえ、これは大きな誤算。(いい方のね。)
 でも、寅吉的には清水、梅野と今成を再度キャッチャーで勝負させるべきだと思うけどね・・・・。

 第2はゴメス。
 今日のヒーローでもあり、今日の3ランで打点が33で、セリーグトップ。
 4番をしっかり守って、久しく適任を欠いていた4番にピッタリはまる。
 この4番がハマった事で、タイガースの打線がいい方向に機能し始めた。
 来日した時は、右のブラゼルという印象だったし、調整の遅れや子供を気にして、帰ってしまうんじゃないかと心配したし、4番は務まらないのではないかと懸念もした。
 今や、好調打線の象徴的存在になっている。

 第3が藤浪の不調
 これは、悪い方だが、どうも理想を追いすぎているような気がする。
 今季は、長いイニングを投げる事、つまり完投を意識している事は以前から言っていたんだが、その意識が強すぎて、ペース配分し過ぎの帰来がある。
 もう少し、目先だけをしっかり抑える、去年の立ち位置に戻ってもいいんじゃないか。
 その方が勝ちもつくし、その上で完投を目指した方が、結果早い気がする。
 まぁ、賢いPだから、そのうち自分で解決してくるんだろうけど・・・・・。

 そうして、最後が明日先発の岩崎。
 榎田、岩田がダメで、安藤、筒井の先発もダメ、秋山、岩本、歳内がダメという状況で、ドラ6の岩崎がローテのチャンスを掴む。
 ここまで2勝を挙げ、4月はローテを守って来た。
 正に、救世主だった。
 明日は、大瀬良とのリベンジマッチだ。
 打線もしっかり援護し、岩崎に勝ちをつけて、リベンジさせてやって欲しい。

 この他に悪い誤算の西岡の怪我があったが、これが上本の覚醒に繋がったといういい方の誤算にも繋がる。
 こうしてみると、どちらかというといい方の誤算が多かった4月の戦いだった。
 5月は更に、悪い誤算を消して、いい方だけで行きたいね。
 和田の采配は、相変わらず誤算そのものなんだけど・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。