CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−6 対広島 他球団の若手は育成上手 | main | 4−1 対東京ヤクルト 鶴と梅で恩返し >>
2−5 対東京ヤクルト これを取りこぼしと言う
 正に、その典型的な試合。
 本日は神宮球場へ、今季2度目の参戦。
 こっちの先発は4連勝中の能見。スワローズは前回打ち込んだ木谷。
 まぁ、普通タイガース有利と思うわな。

 そんなことで油断した訳じゃないけど、スタメンに良太の名はなく、今成の起用。
 まぁ、右左に拘っただけだと思うけど、このサードの右左の併用案は、もう引っ込みがつかないレベルなんやろう、和田の中では。
 いくら良太の成績が良くても、今成の打率が2割そこそこでも、良太が三振2つしたら、すぐ今成。
 良太は、タイガースでHR率で言えばダントツやろ。
 今成と併用させられても、チーム1の6本のホームランを生んで居る。
 普通は、福留をはずしても良太ははずさない。

 きっと、良太は今成と併用されながら、20本のHRヲ放ち、3割前後の打率を挙げても、今成と併用されるのだろう。
 それほど、サードの右左の併用に拘りが見えるもの。
 それは、和田の送りバントの拘りと共通のもの。
 そうしなければ行けないという、自分のメンツ、逃げ口上。

 そんな、スタメンが機能せず、今成は3安打で猛打賞だったが、最後の当たりくらいかな、ちゃんとしたヒットは。
 なんか、長打は無いので怖さは少ない。
 ゴメス、マートンの後ではいささか見劣りがする、ただひとつ右が続いた後の左と言う事以外は・・・・・。

 まぁ、能見は確か、神宮のヤクルトには相性が余り良くないはず。
 そう言う中で、こういう余裕をぶっこいた策を弄すと、大概は裏目に出る。
 大体、和田が大言壮語したり、明るい見通しや、意欲を語ると、結果は逆目だ。
 今日も、和田が勝利の為の布陣より、自分の着案を通すために組んだ布陣で逆目に出た。
 これを、取りこぼしって言うんだよ、和田君!

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。