CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−2x 対広島 愚将極まわり | main | 1−3 対横浜DeNA 勝負を賭け方が間違っとらんのか? >>
4−3 対広島 でかした、岩田。粘りのピッチング
 初回、3球で1点取られた時は、どうかと思ったが、いつも岩田が立ち上がりで苦労する四球がらみの失点ではなかったのが救い。
 大体、岩田が勝てないいで苦労していた時は、立ち上がりの制球の乱れからランナーを貯めて、ガツンとやられる。
 その後立ち直ってみせるが、終盤に同じようにガツンとやられて負け投手って言うパターン。
 確かに、援護も少なかったんだけど、どうしても勝ちを負けが上回ってしまうPだった。

 ところが、今年の岩田はちょっと違う。
 立ち上がりを積極的にストライクを取りに行く事で、いい投球テンポを作り、味方の援護を待つスタイルができてきた。
 今日も、ポンポンと初球、ストライクを取りに行っている球を上手く打たれた。
 決して、悪い球ではなかっただけに、決して慎重になりすぎての四球連発という点の取られ方ではなかっただけに、十分立ち直りを期待できたし、その通り立ち直った。
 結局、早いうちに打線の援護も有って、勝ち投手になれた、。
 今季3勝目、グッドジョブだ!

 その同点の援護弾を打ったのは大和。
 これがプロ入り初HRだと。
 そういやぁ、もうチョッとでHRっていう当たりを何回か見たが、フェンスオーバーは見た事がなかった。
 このところ、一時のどん底を脱して、いい当たりが出てきたから、これをきっかけにしたいよなぁ。
 だたし、HRの後の打席で、少しスイングが大きくなっていたので、注意。

 今日は、両リョウタをスタメンで使うというオーダー。
 何でもっと早くこうしなかったかなぁ。
 ただし、今成と良太の打順が逆だとおもうんだけど、どうも愚将・和田の評価は、良太より今成が高いらしい。
 長打力を考えれば、良太の方が怖いと思うんだけどね・・・。
 ただ、その良太が下降線。
 訳の分からん使い方されているうちに、打ちたい病で崩れて来ている。
 ゴメス、鳥谷、良太が今、底かな?

 「今は、まだ無理する時じゃない。」といいながら、思いっきり無理している、愚将・和田。
 呉も、今日はスピードに迫力が欠け、変化球主体のピッチングだった。
 鶴岡がファールフライを落とした後、キラにストレートを狙い打たれた。
 まぁ、連投の結果かな?
 ほんとうに、「まだ、無理する時期じゃない。」だけどねぇ・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。