CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2−12 対オリックス 和田の発言は裏目に出る件 | main | 2−4 対福岡ソフトバンク 和田のやる事は、訳解らん >>
7−6 対オリックス ミスを帳消し、長打の魅力
 和田の采配ミスを消してくれたのは、新井の3ランとゴメスの1発。
 こんだけ自分ミスを消してもらっても、和田の単打至上主義は変わらんのだろうか。

 ランナー出れば、どんな事をしてもバントで送る。
 今日のように、相手は新人の東明、こっちも不安定な榎田。
 決して、1点勝負で決まるとも思えない。事実7点取らんかったら勝てないという試合。
 なのに、和田は「1点しか獲りにいかない。」
 東明なんか、1回で潰せていたはずなのに、榎田が1点を守りきれるとでも思っているのか?
 
 「まずは1点」という考え方に支配されすぎていて、一気に勝負を決めに行く事が出来ない。
 だから、戦力を余して負けたり、戦力を使い切って慌てたりする。
 その優柔不断に映る采配が、終盤のもつれを呼び、中継ぎが疲弊する。
 結局、シーズンの終盤には、息絶え絶えで、という状態になるんだなぁ。

 それでも、和田は、長打の良太は使わんで、今成を重用する。
 ゴメスより遥かに少ない打席で6本もHR打っているんだけどねぇ。
 緒方だって、今は守備を考えても大和より使ってみる価値あるンと違うか?
 大和は少し休ませた方がいいんと違うか?
 それでも、黙々とバントのサインに従う大和が好きなんやろなぁ。
 もう、送りバントに采配のすべてを賭けてるもんなぁ、和田。

 点が入ろうが入らなくても、バントしてれば満足なんやろなぁ。
 そんな将に勝敗を預けられんよなぁ。
 負けたけど、森脇の方がメリハリ効いた采配しとったもんなぁ。
 そんな、和田を救ったのは、和田が嫌いな長打だったのが皮肉やなぁ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。