CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2−5 対千葉ロッテ 本拠地でロッテに5連勝を許す | main | 5−7 対埼玉西武 勝負を賭けない将は必要なし! >>
2−0 対千葉ロッテ オセロが続いて、ロッテに勝つ
 交流戦に入って、5連勝の千葉ロッテ。
 対するタイガースは、●○●○●とオセロ状態。
 どっちが勝つか?

 タイガースは、先発藤浪が好投。
 対する涌井もいいピッチングだったが、ワンチャンスをものにし、2点を取ると、藤浪、呉と繫いで完封リレーで逃げ切った。
 終盤に崩れて来た藤浪も、今日をきっかけに吹っ切れるか?
 そうなれば、伊東監督とブラゼルに感謝やなぁ。

 勝負の分かれ目は、7回の千葉ロッテ。
 クルーズにぶつけて、いつもの終盤のコントロールの乱れが出て来た藤浪。
 このクルーズに代走・根元。
 今江には、四球でコントロールが定まらなくなっている。
 角中は、ピッチャ返しをはじくが、なんとかファーストでアウトを取って、2アウト。

 ここで、伊東監督が選んだのがブラゼル。
 確かに、1発の怖さがあるが、ブラゼルの特性として、ボール球を振る。
 どうしても、打ちたい気にはやり、少々のボール球にも手を出してくる。 
 正直、これは助かった。

 ここで、藤浪が一番嫌なのは、バラついてきたコントロールで、ボール球を見極められる事。
 甘くなった球を小さいスイングで的確にミートされる事。
 左打者。
 悪いが、ブラゼルは左という事以外に、当てはまる物は無い。
 ここで、先程代走に使った、根元がでてきたらどうなっていたかは解らない。
 一番嫌なのが、根元のようなバッター。

 そう言う意味で、先に代走で根元が使われた事は、藤浪にとって、ラッキーだった。
 逆に和田は、こういう起用を逆から見て、勉強しなくてはいけない。(でも学習能力が欠如しているので、無理かなぁ・・・)
 和田の選手起用は、今日の千葉ロッテのような起用が多い。
 相手が、何が嫌なのかをなんにも考えていない、自己満足の為だけの采配。
 これが、相手にどんなに喜ばれるかを、知るべきやなぁ。
 今日は、伊東さんにゴチになりました。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。