CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2−0 対千葉ロッテ オセロが続いて、ロッテに勝つ | main | 2−13 対埼玉西武 最下位西武にボコられた >>
5−7 対埼玉西武 勝負を賭けない将は必要なし!
 しかし、和田は勝負を賭けられない。
 というより、なんで守備固めのような先発メンバーを組むのだろう?
 野球って、点取りゲームだって知ってる?

 先発メンバーの7、8、9に自動アウトのようなメンバー。
 9人で攻撃するDH制のメンバーで、自動的に3アウトを献上する。
 9イニングで27アウトで試合が終わる内、3イニング9アウトを最初から献上しているのも同然。
 タイガースは、6イニングで戦っている。

 そりゃ、バット持って、振るんだから、たまには当たる。
 そんなのは、ピッチャーも同じ。
 ピッチャーと同じような期待値しか無い打者を、ピッチャーが打席に立たないでいいDH制なのに3人も並べる。
 はなから、点は取りたくないって言っているのも同じやぞ。

 普通は、攻撃主体でメンバーを組み、終盤リードしているところで守備を固める。
 和田は、逆の事をやろうとしている。
 守って、守って、チャンスで代打で点を取るっていう考えなら、チャンスにちゃんと勝負を賭けなくてはいけない。

 6回裏、もう一息でライオンズに止めを刺せる。
 マートンと新井兄の連打で無死1、2塁。
 ここで福留。
 普通は、ここから代打攻勢。
 良太の長打に期待もよいし、緒方や俊介にバントを臭わせプレシャーを賭けさせるのもいい。

 よしんば、ここで福留を打たせても、次の大和には最低限代打やろ。
 外野フライを挙げられる良太を使うか、切り札セッキーで勝負やろ。
 センター守れる人間は、まだ控えにいくらでもいるやろ。
 ここで、勝負を賭けられんから、結果こうなるんやで。

 メッセだって、最低ここで点が入ってと思っていたはずだし、この攻撃ぶりに、「なんやねん!点を取る気あるんかい!」って鬱積する思いが有ったと思うぞ。
 それが、次の回に同点に追いつかれる要因となったんじゃないか?
 
 9回だって、追いつかなきゃイカンのだから、俊介に代打で良太を出さんといかんのやないか?
 俊介が終わったら、ゲームセットやぞ。
 俊介が出てからなんて、悠長な事考えている場合やないで。
 良太の1発に期待せんといかんのやないか?

 まぁ、和田のここが勝負という場面で、腰を引いちゃうのは何度見た事かわからん。
 これだから、和田が監督じゃ勝てないって言われる。
 はやく、球団も気づかんと、せっかくのチャンスのシーズン、棒に振るで、ホンマ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。