CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−3x 対北海道日本ハム メンドクサーでサヨナラをクラッタ | main | 3−4x 対東北楽天 ベンチワークの下手さがサヨナラ負けを生む >>
4−1 対北海道日本ハム 勝てる岩田に変身中
 岩田が好投で、4勝目。
 負けは1つで、3つの貯金をしている。
 前回も、勝てた試合で、本来は5連勝でもおかしくない。
 いくら勝っても勝ち越せない岩田が、貯金ができるPへと変身中や。

 元より、力が有るPだけに、これくらいの成績が当たり前でもあるのだが、世が世なら能見と開幕を争うくらいの位置にいた事もあるんだから・・・・。
 それでも、3連敗中で、チームが苦しい時に、キッチリ勝てるようになったのは、岩田の成長なんだろう。

 しかし、大和と福留を同時には引っ込めないんだなぁ・・・・。
 逆に、良太と今成は、絶対同時に使わない。(今季1試合だけだもんなぁ・・・】
 本来、スラッガーを配置する外野手、とサードというポジション。
 その外野に、大和と福留という2割そこそこの野手を配する。
 これだけで、攻撃力の低下は免れんもの・・・・。

 今日は、福留の代わりの緒方が、2安打と結果を出している。
 暫く、緒方を使ってやればいい。
 田上だって、いい時に続けて使ってやれば、今頃はポジションを取れるくらいの位置にいたかもしれん。
 そういうチャンスを大和と福留に拘って、潰している。

 調子がいい時にちゃんと使ってやる。
 良太だって、今成との併用に拘っていなけりゃ、ゴメスと同じくらいのHRを打ていやかも知れんぞ。
 今成をライトで、良太をサードで使えば済む事だ。
 そうすりゃ、2人で6、7番が埋まる。
 8番に梅野でも入れれば、下位が一発が有る、息が抜けない打線になるのに・・・。
 緒方は2番で、上本とのWトップでいいんじゃないか?

 それを大和と福留に拘って、7、8、9と安パイを並べ、9回ある攻撃をわざわざ6回に減らす事もなかろうに・・・・。
 大和は疲れからか、明らかにスイングがぶれている。
 少し休ませた方がいい。 
 長いペナント、ここで休ませた方が、チームのため、個人の為でもある。
 和田だって、そのへんことは解っているはずだと思うんだけどなぁ・・・・。
 それができない、危機管理の欠如が、「世紀の愚将」と言われる所以なんだなぁ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。