CALENDAR
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
4x―3 対読売 今岡のバントを考える
岡田監督の談話によると、今岡本人が考えて行ったようだ。
 岡田監督としては、「まかせた、思い切って行ってこい!」って感じだったんだろう。
 
 だが、今岡は考えた。
 9回裏で無死1塁。1点取れば勝ちだ。
 ランナーが得点圏に進めば、ピッチャーにかかるプレッシャーも大きい。しかも、林はアニキへの四球を悔いてるはず。これからのコントロールにも不安が頭をもたげている。
 ここは、まず確実にアニキを2塁へ進める。
 もとより、今岡は阪神の中ではバントがうまいほうだ。2番を張ってたときなど何度も見てる。

 ここで、バントが決まれば、ファインプレーだろう。
 現在、今岡がバントまでして送ったランナーだ。是が非でもサヨナラに結び付けなくてはならない。阪神ナインは一致団結、盛り上がりを見せることになる。
 TBSの解説をしていた星野さんも、自分が監督なら送らせると言っていた。

 しかし、岡田監督は違う。
 金本・今岡は、試合を決めるための特権を与えたバッターである。たとえ、ダブルプレーになろうとも決めに行くバッティングをして欲しい。それがクリーンナップというもんや。
 この考えは就任当時からして一貫している。まぁ、岡田監督の信念でもある。

 それを、承知であえてバントにいった今岡。
 今岡と岡田監督の信頼関係を考えるに、この選択は間違ってないだろう。
 むしろ、今岡の発送に敬意を表したい。

 よく見ろ。ポップ・フジモン。

 久保田ハルクも覚醒したはずなのに、いとも簡単にランナーを許す。
 覚醒のスイッチがランナー2塁にならないとはいらないかのようだ。できれば、最初から全開でお願いします。(笑)

 温存された上原の読売に競い勝った今日の勝利は大きい。
 明日は誰が投げる?ブラウン?筒井?
 今日のサヨナラの余勢をかって、むかっていって欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | - | 23:31 | - | trackbacks(0) |

この記事のトラックバックURL
http://happyhills.tblog.jp/trackback/32410
トラックバック