CALENDAR
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
Welcome! Crane YangBomboo Yamato
いい名前の、新人が指名できた。
 鶴 直人、若竹 竜士、前田 大和。
 覚えやすい名や。きばりぃや。

 いい指名じゃなかったのかなぁ。
 今年の高校生に即戦力は、いない。
 誰をとっても時間はかかる。
 イガーや球児のようにジックリ育ててあげなくては・・・・・。
 
 なまじマスコミの話題の選手だと、実力以外で1軍での起用を急がせられたりして、やたら才能を枯渇させることになりかねない。
 幸い、阪神は投手陣が充実している意味で、じっくり培養できる時間が与えられる。
 どうか大きく育って欲しい。

 それに引き換え、読売に指名された辻内君は少し心配だ。
 寅吉が見るところ、今年の高校生で松坂クラスの完成度を誇る選手はいない。強いて言えば、山口(横浜指名)だが、故障してるというし・・・。
 辻内君とて、上で投げられるようになるには、2年はかかる。
 しかもコントロールに難が」ある。
 下手に弄繰り回され、持ち味を失っていくこともありえるかも知れん。
 
 また、周囲の環境が2軍での育成を拒み、早期の1軍登用で、自信喪失なんてこともありえる。
 果たして、ファンがじっくりと培養することを許すか?
 バックのTV局が視聴率のための起用を強制しないだろうか?
 全てが順調でも、源五郎丸のように、ひとつの故障が命取りになる場合もある。
 いろいろ心配なことがある。
 それほど、高卒の新人の育成は難しい。

 もっとも、他球団の心配など大きなお世話なのだろうが、そこに目を向けられるくらい、育成面でも阪神はうまくなってる。
 いい編成のもと、よいドラフトをしてきたと言える。

 今年の指名した新人達が、第二のイガー、球児になってくれることを祈りつつ、エールを贈りたい。

 ぐぁんばれ!ヤング・タイガース
| 房 寅吉 | - | 22:33 | - | trackbacks(1) |

この記事のトラックバックURL
http://happyhills.tblog.jp/trackback/51781
トラックバック
燕に完勝し、シーズン勝ち越しを決める!
今日も全く見てません(放送もなかったようですが・・・)。でも、なんか余裕の試合だったのでしょうかね?まったく危なげない感じで、7−0と完封リレーでの勝利。こんなんやったら見たかったなー。
| まどかだでぃ | 2005/10/03 11:21 PM |