CALENDAR
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
強い、弱いは、一夜で変わる。
 そりゃ、野球だもの。
 勝ってる時は、強く見えるし、負けてるときは、弱ちっいぃ。
 勝ってるチームのいいところが目立つし、負けてるチームは悪いところだけが目に付く。
 古来、野球っていうには、そういうものだったじゃないか。

 そんな立場が、一夜にして、一球で、ガラッと変わることも何度も見てきた。そうでしょ!
 2年前でさえ、第2戦を杉内に手も足も出ず、伊良部をはじめ、投手陣がホークスにボコられて、13−0で連敗喫したあと、甲子園でガラっと変わったじゃないか。

 今年の千葉ロッテ、2年前のホークスに比べると、あの時ほどの無力感はないんですよ。
 あの時の、ホークスは強かった。
 それは、対戦成績とか得点差なんてものを越えていた。(得点差なら今年のロッテの方が強そうだけど・・・・)
 プレイ・ボールでお互いの選手の体つきを見比べた瞬間に、「こりゃ、勝てんわ・・・)って思ってしまう威圧感があった。
 いくら甲子園で接戦の末、3連勝で王手をかけても、全然優位に感じなかった。きっと、福岡へ戻ったら、またボコられるんだろうなぁ、っていう心配のほうが圧倒的に強かった。

 今年のシリーズの2戦をみて、あの時より悲惨にボコられているのに、ホークスに感じた絶望感は、全然ないんだ。
 明日の一戦に勝てば、ガラっと変わる。
 そう信じたい。いや信じるんだ。
 セの覇者としてこのまま引き下がるのは、情けない。
 今年の阪神の不思議な程の強さを知ってるだけに、このままじゃ納得いかない。

 下やんが今江を止める。
 その瞬間に、流れが阪神にやってくる!
 そういった、1打席、1球でムードは変わるものなんだ。
 それが野球ってやつだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | - | 22:48 | - | trackbacks(1) |

この記事のトラックバックURL
http://happyhills.tblog.jp/trackback/55686
トラックバック
日本シリーズ第2戦 in 自宅
もう文章書く気がおきん。 はやく甲子園に帰りたい。
| 夜香花(阪神優勝!) | 2005/10/26 8:43 AM |