CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 助走を終えて | main | 0―2 対読売 乗り切れん、やり切れん >>
5x―4 対読売 背番号「3」を継ぐもの
 「藤本に代わり、バッター関本 背番号3」
 その場内アナウンスが背番号「3」の代打を告げたとき、間違いなくそこに、“代打の神様”が降臨した。絶対に!

 今日の中継、やたらCM入れまくり中継ベタのTBS。
 本来なら間違いなくBSの方を見るんだけど、解説があの田淵さんと“代打の神様”八木裕さんだったものだから、ついついそれに曳かれて見ていた。
 そのブツブツCMで切られる最悪中継の終わった後、試合は思わぬ展開を始めることになる。

 思えば、オクスプリングの乱調?っていうか1点を惜しんでランナーを貯めて、押し出しにタイムリーという最悪の結果で4点を謙譲した時に、今日の結果は想像できなかった。
 この場面での矢野のリードに疑問を挙げ、今後オクスプリングとのコンビには野口か浅井の方がいいんじゃないかと提案しようと考えてたとこだった。

 相手は、4勝負けなし。2完封、3完投、防御率1点台。
 実質的読売のエースであるパウエルだ。
 シーツのHRで先制したといえ、5回で3点差は負けに等しい。そうだ、4月の戦いっぷりからいって、このままズルズルいく気がする。

 だが、5月の虎は変わっていたようだ。
 6回に金本のスリーベースで追い上げに入ると、今岡の犠牲フライ(これが出来るようになったんやね。)で1点差。
 このランナーがいなくなった状態から、再び1点を取り同点に追いつく。
 これが良かった。
 鳥谷に当たりがでてくるとこういう点の取り方ができるのが大きい。

 そして、9回の裏の関本のサヨナラHRだ。
 今日球場に来ていた先代・背番号「3」の八木裕さんが、代打で出てきた現・背番号「3」の関本の背中を押したような一撃だった。

 この勝ちは大きい。
 オクスプリングは、どちらかといえば自滅に対し、パウエルは攻略された印象を植え付けた。(きっと、阪神はやりづらいって感じたことだろう。)
 この優劣は、終盤にものを言うと思うよ。

 さぁ、これで離陸態勢に加速がついた。
 ぐぁんばれ!タイガース

 PS 浜中選手、3・4月の月間MVPおめでとう!
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/85563

阪神14勝目! 5月2日(甲子園) 阪神 5−4 巨人   やた〜、やた〜、 や
たかしの目線 (゜▽゜) | 2006/05/02 11:12 PM

とにかく、信じられない、夢のような得点の取り方、一瞬のチャンスをものにする打線 なんといっても、能見金澤藤川久保田はもちろん、関本せっきぃの代打サヨナラホームラン〜〜〜〜〜〜〜〜なんて、すごすぎて「んなあほなぁーーーーー!!」ファンやから嬉しすぎや
勝利にっき猛神化打 | 2006/05/03 1:01 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。