CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2―0 対西武 ならば、こっちも松坂世代 | main | 金本のサインを眺めて、交流戦を振り返る >>
4―5x 対西武 こういう敗戦は、堪えるねぇ
 久々のライブでのフル観戦。
 長い時間楽しませてくれました、ってかい!勝たなくちゃいかん試合やろ。(怒)

 相手は、ローテの谷間。いわば一番先発のPの落ちる試合や。
 藁にもすがる気持ちで、松永を先発させてるンやないかい。
 これを散々攻め倦んで、挙句あっさり先制を許す。最悪の展開。
 こういう試合って、どちらかというと負けムードがプンプン臭って来るんだよねぇ。

 それが。相手のバント処理ミスに助けられ、スペンサーの3ランがでて、試合が本来あるべき姿に戻ったはずだった。
 これで、序盤の拙攻続きも帳消し、これから堰を切ったように怒涛の攻撃が続いて、めでたく西武に勝ち越し、ってそう疑わなかったぞ!

 まずは、オクスプリング。
 残念ながら、今日でジェフとの入れ替わりは、決定と見ていいだろう。
 本来、もっと大胆な攻めができるピッチャーだと思うんだが、どうも“日本の野球はコントロール”なんていう先入観に支配されちゃっている気がする。矢野のリードもそれに輪をかけちゃってるし・・・・。
 もっと、あのカーブとストレートの緩急で勝負していくほうに重点を置いたほうが、持ち味を生かせると思うんだけどね。(ほら、オリンピックに時は、そうじゃなかったか?)

 それだから、ひとたびランナーを出そうものなら、ビクビク状態で球を置きに行くような投げっぷり。(本人はクイックのつもりなのか?)
 これじゃ、ランナーは盗塁フリーパスだわな。
 挙句、慎重にコントロールしたつもりの球が甘くなったところを、ガツン。
 一度、野口をキャッチャーで試して見たかったが、もう後の祭りだ。
 しばらく、ファームで自信付けさせたほうがいい。(なにも、今季より来季の戦力にしたっていいんだから・・・・)

 打つほうは、毎度無死、あるいは1死でランナーが三塁にいると、得点できない状態を懲りもせず続けている。
 千葉ロッテとの9回、西武・松坂に対する無死2,3塁等など、死んだ子の歳を数えるようだが、学習能力に欠けてるよね。
 しょうがないっていえるのは、松坂のピッチングに抑え込まれた時だけだろう。
 いかにして、しつこく点を取りに行くかができてない。 
 今のような、打線の低調なときこそ、その意識が大事なんだ。しっかり、反省せい。

 この打線が低調な中、千葉ロッテ、西武に3勝3敗の5分をよしとするか、どうかはわからん。
 ただ、今日の試合をものにしてれば、突っ走ることも、交流戦制覇も夢じゃない位置にいけると思っていた。
 しかし、落としてしまった今は、この敗戦が尾を引かないことを祈るのみだ。こういう圧倒的に有利に見える試合を、その拙さで落とすと堪える。それは尾を引いてしまうことが多々あるものなんだ。

 来週の東北楽天だって、舐めてかかっちゃいけない。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(0) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/90618




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。