CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8x―7 対福岡ソフトバンク 鳥谷の覚醒 | main | 交流戦展望 >>
2―6 対福岡ソフトバンク なめてかかるとこうだから・・・
 斉藤・杉内を打つ崩し、連勝。
 今日の先発も不確かなホークスだ。対するタイガースは江草の先発。この3連戦で一番勝利確率が高い一戦。
 
 それ故、初回のチャンスを逃したところで、どってことないと思ったはずだ。
 江草の立ち上がりは、絶好調。
 対する田之上は、いつでも捕まえられそうな気にさせる立ち上がりだ。
 1死1,3塁のチャンスを逃す、得意の拙攻パターンでも、誰も咎めるどころか、気にもしなかったことだろう。
 それが、油断の入り口だということも気付きもしないで・・・・。

 案の定、江草は川崎に一発を喰らう。
 好調なゆえ、調子に乗りすぎた結果の一発だ。
 こうして、先制されて初めて、初回の逸機を悔やむことになる。
 チーム自体に「あせり」という「舐めた」結果の代償が重くのしかかる。
 打者は、何とかと力むし、投手はもう1点もやれないというプレッシャーが強くなる。
 舐めた末の悲しい結末だ。

 こういう、絶対的優位の試合を落とすことがよくある。
 下馬評で不利なほうが勝つことが多いっていうのも、こうした心理状況によるところがおおきんだろうなぁ。
 もっとも、こんなことをしていちゃ、突き抜けることなんか出来やしない。もうしばらく、読売・中日と仲良く、ダンゴになってる他ない。
 こいう甘さがとれれば、さらに強いタイガースになるんだけど・・・・。(でも、愛嬌がなくなるか?)

 次の対戦相手の北海道日本ハムだって、読売戦で勝つべき試合をしっかり取ることができなかった甘さのせいで、転落し始めている。
 タイガースだって、他山の石とし、気をつけるこった。
 どうも、日曜の負けは堪える。明日も一日敗戦を引きずらなくっちゃならない。(贅沢になったもんだけど・・・・)
 なんと来週も、4勝2敗ペースを維持したい。
 それができれば交流戦のVもありえないことじゃない位置につけられると思うんだが。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(0) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/91924




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。