CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−1 対広島 薄氷を踏み、万全を期す | main | 2−5 対広島 雨天中止を願うとき >>
4−2 対広島 中村泰の初勝利
 よっかたなぁ。
 中村泰がプロ入り初勝利。
 散々中継ぎでチャンスをつぶした後、背水の陣での先発起用だった。

 思えば長い道のりだったかもしれない。
 星野タイガースで迎えた1年目から、そのスライダーのキレみ目をつけられ、中継ぎで起用したら面白いと、1軍キャンプが決まった。
 あの年の新人での1軍キャンプ起用は、中村泰だけだったということでもその期待の高さがわかる。

 しかし、それからの起用は、1軍昇格、ストライクが入らず自滅の繰り返しであった。
 実際ボール自体の力・キレは十分1軍レベルでありながら、その力を発揮4できないもどかしい結果の連続だった。

 そしてついに先発転向がされた。
 江草の例でもわかるが、コントロールがアバウトなPにとっては、先発の方が力が発揮できる場合がある。
 絶対失敗が許されない中継ぎより、ある程度のイニングのトータルで考えられる先発のほうが、精神的に楽になる場合がある。
 江草の様に度胸で生きるタイプは、どちらでも力が発揮できるが、中村泰のような精神的弱さをもったPにとってはより効果的であるかも知れない。

 なにより、今日先発として結果を残せたのは、本人の自信にもつながるだろうし、背水から自分の生きる道を見つけた感もあるだろう。
 きっともう一度チャンスは与えられる・・・、そう思う。

 こういう新鮮力がでてこそチームに勢いがつく。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/98333

 7月12日、阪神vs.広島戦。タイガースは中村泰を先発に立てた。 中村泰といえば、優れた能力を持ち、将来を嘱望されながら、いざ マウンドに上がるとそのチキンハートゆえに沈没を繰り返してきた、 ある意味、一番阪神らしい投手。益山とか、福家とか、伊藤文隆 と
虎のおしゃべり堂 | 2006/07/13 1:13 AM

少しディープな阪神ファンを惹きつけてやまない中村泰。 俺達のヤスが鮮烈に先発デビューだぜ!! ■得点経過 先発は、中村泰と佐々岡。 2回表、緒方の遊ゴロゲッツーの間に1点取られる。 3回裏、金本の2ランで逆転。 6回裏、シーツのソロで3点目をあげる。
今年の阪神はやらかす! | 2006/07/13 3:24 AM

今日の試合のことを書こうとして迷いました。それだけ色んなことがあった試合でした。先ずは中村泰広の初先発初勝利。想像以上に安定したピッチングで、5回を5安打1失点。シーズン通して投げれるかどうかはまだわかりませんが、今の先発不足の状況でこういった選手が
パイプの部屋 | 2006/07/13 6:59 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。