CALENDER
<< March 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



WBC 2連覇成る!
 よく戦った。
 最後のマウンドに球児がいなかったのが、気がかりだったけど・・・・。
 なにか、故障の臭いを感じるのは寅吉だけだろうか。
 ちょっと、心配。

 しかし、韓国との因縁も極まれりのWBC。
 16チーム参加して、なんで同じチームと5回も戦うの?
 しかも2勝2敗で、今日の決勝。
 試合も、9回裏に韓国が同点に追いつき延長戦へ・・・・。

 最後に打ったイチローもみごたなら、恐るべきは内川のバッティング。
 去年の首位打者で、完全に自信をつけた。
 こういう舞台でも臆せず自分のバッティングができる。
 シーズンが始まったら、強敵となること間違い無しだね。
 おまけに、課題の守備まで良化した気がする。
 陰のMVPだろう。

 しかし、問題ありのWBCもこうして日本が勝つと、盛り上がらざる得ないんだよね。
 MLBにとっては、一番のお客さん、市場が日本であることが認識されたろう。
 いよいよ、次回からアメリカがどう出るか。
 いい方向に改革が進めばいいけど・・、ちょっと不安な面も・・・。

 まずは、シーズン前に大きなイベントが終わった。
 球児と岩田は胸張って帰ってきて、最後の調整をしっかりね。
 さぁ、あとはペナントの開幕を待つだけだ。
 でも、勝てないねぇ、タイガースのオープン戦。

 おめでとう!ジャパン

 そして、
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | プロ野球 | comments(0) | - |
WBC 岩田の登板にこっちがドキドキ
 岩田君、貴重な経験をしたよね。
 思いのほか、大差がつき7回でのコールドゲーム。
 その為、岩田の国際試合初登板が、最後のウイニングピッチを飾ることになった。

 しかし、緊張してるのが見て分かった。
 四球、ボーク、死球で無死1,2塁。
 ほんと、どうなっちゃうかと思ったね。
 しかし、ここで開き直れるのが岩田のいいところ。
 最後は三振で締めて、見事コールドゲームを成立させた。

 しかし、原監督のことだから、山口は前日の中国戦で楽に投げさせ、岩田はプレッシャーのある場面。
 そりゃ、大差がついての場面だからっていう言い方も出来るけど、強豪韓国相手に、コールドゲームを成立させるか、否か、という場面だし、岩田が打たれた後でもセーフティリードを守るPはまだまだいるわけだし、岩田が自信を失えば、後のペナントレースを考えたら、もってこいっていうばめんだとなぁ、と穿った見方までしてしまった。

 でも昨日の経験は、岩田がもう一段階上がるためにはよかった。
 きっと、この経験を糧にしてくれるさ。
 伸びるときに伸びないと、伸びるチャンスは何度も巡ってはこないものだからね。
 岩田、ナイス・ピッチ!

 しかし、WBCの一次リーグの1,2位を決めるための明日の試合は、何か意味があるのだろうか?
 結局、明日戦う2チームが2次リーグへ進むことは確定してることだし、1位で通過しようが、2位だろうが、なんかメリットがあるわけじゃなし、
 ただ、単に興行的収入の面だけのための試合って気がするのは、寅吉だけだろうか?
 まぁ、明日は調整のつもりで気楽にどうぞ。

 タイガースもオープン戦に突入。
 先発枠やポジション争いも佳境に入る。
 この辺は、おいおい追っていこうとするか。
 こちらも、開幕が近づくことで、段々実戦モードにしていかないと・・・。
 ちょっと、更新の間が空きすぎは、反省してます。

 それでは、がんばれ!ジャパン。 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | プロ野球 | - | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。