CALENDER
<< January 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



キャンプ近づく
 もう10日もすればキャンプイン。
 各選手の始動の模様も伝え聞くこのごろ。

 新井と金本の護摩行も終え、期待は高まる。
 今年の新戦力の目玉は、新井で間違いない。
 強打の内野手は、掛布引退以後、長年の課題。星野監督時代にノリの獲得に動いたこともあり、鳥谷という6大学のスター選手の獲得もしてきた。 
 しかし、これで大丈夫と言うほどの成績を残したものと言えば、生え抜きの今岡しかいなかったという事実。
 その今岡と新井はサードのポジションを賭けて争う。
 勿論、負けた方が控えとか言うのではなく、ファーストというポジションに適合しなくてはならないという課題を与えられるわけなんだが・・・・。
 
 世論的には、サード今岡、ファースト新井というイメージで語られることが多い。それも、先のオリンピック予選での新井がファーストを守っていたことに由来すると思われる。しかも、今岡のファースト経験が無いに等しいということで・・・。(寅吉は、ノムさんの時代に、何度かファーストへ入った記憶があるのだが、どうやら1試合しかないらしい。もっとあった気がしたんだが・・・)
 それでも、寅吉としてはファースト今岡、サード新井を推したいと思う。
 なんだかんだ言っても、タイガースのチームリーダーは、生え抜きの今岡が勤めるべき。そういうモチベーションで彼は力を発揮するタイプだと思うし、そういう役割をもった選手は、ファーストからの方が投手に声をかけ易いし、内野全体も見渡せる位置にいる。
 そいう役割をこなせてこそ、今岡の価値があると思っているのだが・・・。

 さて、表向きの新戦力の目玉が新井とすれば、陰でその新戦力が定まっていないのが、先発投手陣だといえる。
 金村のトレード獲得はあったものの、グライジンガーにがGへ逃げられ、その柱となるべき人材が誰なのか、定まっていない。

 寅吉は、あくまでも杉山に期待している。
 これだけ、毎年期待して裏切り続けれれてなんだが、やはり井川の穴を埋められる存在になれるのは杉山のポテンシャルでしかないと思う。まぁ、今年が期待をかけるラストイヤーになるかも知れないが・・・。
 杉山自身もそういう立場を自覚し、望まなくてはいけないシーズンであることを自覚していることと思う。(多分している、しているんじゃないかな?、いや、していないと困る!)
 
 あとは、ヤスが抜け吉野が抜けた左の投手陣。
 江草が先発へのチャレンジをする中で、岩田・小嶋・筒井という毎年期待される面々の巻き返しがどうでるか?
 彼ら次第では、かって左腕王国とも言われた評価が崩壊することになる。

 そして、本当の若手。
 2年目上園にジンクスはあるか。若竹・鶴はチャンスをつかめるか。玉置の飛躍はあるのだろうか?
 彼なの中から、突き抜けてくる存在があると面白い。

 さぁ、キャンプの注目点はいろいろあれど、一番はどこまで各選手が危機感を持って臨むかだろう。
 安定した常時優勝を争うことができるチームとなるか、ベテランの衰えにチーム力が落ち、新旧交代がうまくいかず凋落の道に入るか、重大なキャンプとなる。
 そのための、準備はゆめゆめぬかることはあってはならない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |
人的補償
 新井のFA獲得による人的補償が赤松に決まった。
 う〜ん、複雑な心境。

 将来性豊な投手でくるかと思ったが・・・・。
 それを見越してタイガースも投手に厚くプロテクトをかけたかもしれない。俊足系の外野手の補強はないとの読みだったかもしれない・・・。
 足が使えて、外野守備に信頼の置ける赤松は、今年こそ1軍での戦力となる、ならなくてはいけない選手だった。 
 かつ、そういう外野手が他にいないので、赤松の存在は貴重だったと言える。だから、広島も指名してきたんだろうけど・・・。

 タイガースは、これでポスト赤星の枠が空欄になってしもうた。
 移籍の平野もセンターはまもれるので、貴重な補強だったといえるが・・・。これで、俊足系の選手の補強が必要となってきたのか?
 なんせ、足を使えるのが赤星だけという事態になってしまったわけだから。もとより、チーム盗塁数のほとんどを赤星に頼らざるえなかったタイガースで、それを2分する可能性があった選手だったから。代走要員や守備固めにも使える選手。林や桜井の守備に?なだけに今季の使い道は無数にあったはずだ。

 さぁ、その役割はどうする。
 鳥谷や藤本の盗塁、走塁の意識をたかめさすか。
 高橋勇の成長をうながすか?大城の外野転向はどうなる?
 外部から補強するか?
 空いた1枠をどう埋めていくのか・・・・。

 これでキャンプの課題がひとつ増えたことになる。
 赤松は、文字通り赤ヘル・カープの一員になるのだから、がんばってレギュラーを獲るつもりで移籍すればよい。
 思えば、1年目も2年目も怪我で1軍キャンプを棒に振った。あそこで故障しなければ、いまごろどうなっていたのか・・・。赤・赤コンビも幻に終わったか・・・。やっぱり、残念。

 さよなら、赤松真人。広島でがんばれ!
書いた人 房 寅吉 | 選手 | comments(1) | - |
日本の職人技
   今日は、ちょっと本の紹介。
 正月休みを利しての読書だったけど、「日本の職人技」を読んでみた。  イチローや松井のバットを作る名人。赤星や井川のグラブを作る職人。プロと呼ばれる人達の要求に応える職人技の持ち主達の考え方。いろいろ参考になることもあるから、機会があれば是非、読んでみて。


 さて、年も明けて明日にも広島から新井の人的補償となる選手の発表があると聞く。
 今年のタイガースでの飛躍を誓う選手のうちから、誰かが広島への移籍を余儀なくされる訳だ。新井を獲得した時から覚悟しなくてはならないことだといえ、その選手を思うと忍びない。
 できれば、広島で多くのチャンスに恵まれ飛躍できる選手であることを祈る。

 補強関連は、それでひと段落。
 あとは、競争が待っている。
 今岡、新井のサード。
 状況によっては、関本もかんで来るかも知れない。 
 その関本が定着を狙うセカンドも、藤本、坂、新加入の平野を交えて激戦区となる。
 ショートだって、2軍育成中の大和がそろそろ、1軍昇格をしておかないと、新加入の高濱がやりそうなだけに、2軍でのポジションを含めて奪われかねない。ここは、一気に鳥谷を脅かすくらいの飛躍を見せたい。
 鳥谷も、今年こそ3割20本を達成しないと、平凡なショートとしての評価で終わりかねない大事な年になる。ぐぁんばれ!

 外野も激戦。
 金本、赤星、新加入のフォードが基本線だろうが、それでは桜井が黙ってはいないだろう。せっかく去年掴んだチャンスをしっかり今季につなげたいと思っているはずだし。
 赤松だって、アホだ、チョンだと言われてばかりじゃ済ませないだろう。
 庄田、外野転向の浅井もそれは今年にかける意気込みが強そうだし。
 赤星、金本の今年に賭ける巻き返しの意気込みも激しいものがある。

 キャンプ初日には、みんなの目の色が変わって、集まってくれることと思う。投手陣の競争は、もっと激しくならなくっちゃいけない。
 どうも広島行きの選手が投手陣からでそうなので、この競争についてはまた後日書こうと思う。

 いずれにしても、「猛虎逆襲」の年は、競争からはじまる。
 みんな、くれぐれも準備を怠るな!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |
謹賀新年
 明けましておめでとうございます。

 ついに覇権奪回の年がやってきた。
 浜ちゃんがいなく、新井がいる年がやってきた。
 島野さんに報いるための年がやってきた。
 85年以来の日本一を実現する年がやってきた。

 皆さんにとって今年はどんな年になるのだろうか。
 プロ野球自体は、益々のメジャーへの流出が続き、「めちゃくちゃする球団」による捻じ曲げられた施策が打たれるのであろうか。
 ドラフト、FAのあり方の問題は、方策を誤るとそのままプロ野球そのものの衰退に繋がる。近鉄消滅により、ストまで行い球団の現象に歯止めをかけた、あの時の気持ちや決意を持ち続けていられるか。
 それも、この一年の施策にかかっている。

 タイガースは、常時優勝争いをできるチームたるか、再び弱体化していくかの分かれ目の年だ。
 今年、優勝することは、大きな意味を持つ。
 暗黒時代との永遠なる別れを告げれられるか、再び悪夢を見るか。
 岡田監督も勝負の年になる。
 長期政権が樹立されるか、後任を立てなくてはならなくなるか。

 注目の2008年がやってきた。
 今年も「虎の眼」を光らせ見つめていかなくっちゃ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。